ガジュマルの育て方|植物図鑑

植物名
ガジュマル
学名

Ficus microcarpa

英名
Chinese Banyan,Malayan Banyan
科名
クワ科
属名
イチジク属
原産地
沖縄・東南アジア・ミクロネシア・台湾・オーストラリアなど

ガジュマルの特徴

ガジュマルは人気の観葉植物です。沖縄地方では「キジムナー」と呼ばれる精霊が宿るといわれています。ガジュマルは熱帯~亜熱帯地方に分布する常緑高木なので暖かくて日光のある場所を好みます。日光にあてること、水のやり方には気を配る必要がありますが、基本的には育てやすい観葉植物です。

また、ガジュマルは、幹の途中から気根という根をだしています。気根が地中に付くと太くなり、ガジュマルの木を支える支柱根となります。地植えにされているガジュマルはこの気根が多く、風に揺れる気根は不思議な雰囲気を醸し出しています。

ガジュマルのその太い幹とまるく厚みがある濃い緑色をしている葉は生命力を感じさせ、独特な形をしているので人気があります。鹿児島県沖永良部島の国頭小学校の校庭には樹齢100年を超える日本一のガジュマルが植えられています。

ガジュマルには尖閣ガジュマルやパンダガジュマルなどの種類があり、葉の形などが違います。

ガジュマルの詳細情報

園芸分類 観葉植物
草丈・樹高 ~2m程度(鉢植えの場合)
耐寒性 弱い
耐暑性 強い
花色 赤い花嚢(かのう)の中に咲かせる
開花時期 不定期

ガジュマルの生命力

ガジュマルの生命力は観葉植物の中でもとても強いです。ガジュマルの木の根は、コンクリートを突き破るくらいの強い生命力を持っています。他の木をその強い力で巻き付き、絞め殺すこともあることから「絞め殺しの木」とも呼ばれています。樹高は20mに達するものもあるそうで、建物を侵食しながら生長していくぐらいの生命力があります。ガジュマルは古くから「精霊が宿る木」と言われ、海外でも神聖な木として扱われてきたようです。人気の海外旅行スポットのハワイでもよく見かけるかと思います。

ガジュマルの自生地は国内にあり、沖縄、屋久島、種子島などが中心になっています。また、海外は台湾、マレーシア、熱帯アジア、オーストラリア北部に幅広く分布しているようです。

育て方を見る >>

  • 監修者:LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部アカウントです。編集部のスタッフが監修をしています。
監修している植物一覧を見る

人気の植物ランキング