ガジュマルの育て方|植物図鑑

植物名
ガジュマル
学名
Ficus microcarpa
英名
Chinese Banyan,Malayan Banyan
科名
クワ科
属名
イチジク属
原産地
沖縄・東南アジア・ミクロネシア・台湾・オーストラリア

ガジュマルの特徴

ガジュマルは人気の観葉植物です。沖縄地方では「キジムナー」と呼ばれる火の精霊が宿るといわれています。

ガジュマルは熱帯~亜熱帯地方に分布する常緑高木なので暖かくて日光のある場所を好みます。日光にあてること、水のやり方には気を配る必要がありますが、基本的には育てやすい観葉植物です。

また、ガジュマルは、幹の途中から気根という根をだしています。気根が地中に付くと太くなり、ガジュマルの木を支える支柱根となります。

地植えにされているガジュマルはこの気根が多く、風に揺れる気根は不思議な雰囲気を醸し出しています。

その太い幹と、まるく厚みがある濃い緑色をしている葉は、生命力を感じさせ、独特な形をしているので人気があります。

鹿児島県沖永良部島の国頭小学校の校庭には樹齢100年を超える日本一のガジュマルが植えられています。

ガジュマルの詳細情報

園芸分類 観葉植物
草丈・樹高 ~2m程度(鉢植えの場合)
耐寒性 やや弱い
耐暑性 強い
花色 赤い花嚢(かのう)の中に咲かせる
開花時期 不定期

ガジュマルの生命力

ガジュマルの生命力は観葉植物の中でもとても強いです。ガジュマルの木の根は、コンクリートを突き破るくらいの強い生命力を持っています。他の木をその強い力で巻き付き、絞め殺すこともあることから「絞め殺しの木」とも呼ばれています。樹高は20mに達するものもあるそうで、建物を侵食しながら成長していくぐらいの生命力があります。ガジュマルは古くから「精霊が宿る木」と言われ、海外でも神聖な木として扱われてきたようです。人気の海外旅行スポットのハワイでもよく見かけるかと思います。

ガジュマルの自生地は国内にあり、沖縄、屋久島、種子島などが中心になっているそうです。また、海外は台湾、マレーシア、熱帯アジア、オーストラリア北部に幅広く分布しているようです。

ガジュマルの育て方カレンダー

時期 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
植え付け
植え替え
剪定
肥料

ガジュマルの栽培環境

日当たり・置き場所

日光
ガジュマルは日光が好きなので、出来るだけ日当たりのいい場所に置くようにします。
【屋外】
春~秋にかけて屋外で管理することができますが、夏場の直射日光を当ててしまうと、刺激が強すぎて葉焼けを起こしてしまうので、30%~50%の遮光をしてください。遮光率はそれぞれの環境に合わせて調整してください。
気温が高ければ高いほど葉焼けは起きやすくなるので、40℃を超える場合は日陰に移すことをおすすめします。
遮光するときに遮光ネットや寒冷紗を使用すると簡単に遮光することができます。遮光ネットと寒冷紗はホームセンターや園芸店だけでなく、100均でも購入することが出来ます。

【屋内】
耐陰性があるので、屋内でも大丈夫です。しかし、ガジュマルは日光をが好きで、日光がよく当たった方が健康な株になるので、なるべく日光が当たる場所に置いてください。
室内だからと言って直射日光を当ててしまうと葉焼けを起こしてしまうので、レースのカーテン越し程度の日光を当てて下さい。

【置き場所】
耐陰性もあるため、室内の日光が入る場所なら大丈夫です。 ただし、エアコンなどの風が直接当たると葉が傷んでしまうので、直接当たらない場所に移動してください。

温度

高温には強い植物ですが、低温には弱いので、5℃以下にならない様に気をつけましょう。
ベランダ等で育てられている方は、外の気温が10℃ぐらいからは室内に取り込んで下さい。
気温が10℃前後になると成長が緩慢になります。

用土

ガジュマルは高温多湿を好みますが、水はけの悪い土を使ってしまうと根腐れを起こしてしまう可能性があります。
そのため、出来るだけ水はけの良い土を使うのをおすすめします。
自分でブレンドする場合は、観葉植物用の土2:赤玉土1:鹿沼土1の割合でブレンドし、生育環境に合わせて微調整してください。
また、土の表面を赤玉土や鹿沼土、化粧砂などの無機質の用土で覆うことでコバエの発生を防ぐことが出来ます。
ハイドロカルチャーなどで育てる場合は、定期的に液肥を与えてください。

ガジュマルの育て方のポイント

水やり

ガジュマルは寒さに強くないので季節や気温(室温)によって水やりのタイミングを変える必要があります。
【気温が10℃以上のとき】
主に春~秋の成長期では土の表面が乾燥したらたっぷりと水を与えるようにします。

【気温が10℃以下のとき】
ガジュマルは気温が10℃前後を切ってくると成長が緩慢になってきます。そのため、水をあまり必要としなくなるので、水やりの回数を減らします。具体的には、表面の土が乾燥してから2~3日経ってから水やりをしてください。
ガジュマルを乾燥させて樹液の濃度を高めることで耐寒性を上げる事が出来ます。
水やりの回数を減らしてガジュマルの葉が萎れてきたりするようならば水やりの回数を増やすなど調整してください。

【葉水】
葉水は乾燥を防ぐだけでなくハダニやアブラムシなどの害虫を予防する意味もあるので、毎日1回は霧吹きなどでするようにしましょう。

肥料

基本的に肥料は無くても良いのですが、与えた方が成長がはやくなります。
冬場の成長が緩慢になるときに肥料を与えてしまうと肥料焼けをする可能性があるので、春~秋の成長期に与えるようにします。
肥料の種類は適切な濃度に希釈した液肥を10日に1回与えるか、緩効性の置き肥を与えてください。
有機肥料ではなく、化成肥料を使うことでコバエの発生を予防することができます。

病害虫

【ハダニ】
黄緑や赤い体色をした0.5mmほどの小さな害虫です。葉の裏側に潜み吸汁します。ハダニに吸汁された箇所は白い斑点状になるのですぐ分かります。そのまま放置しておくと最悪の場合枯れてしまいます。

【アブラムシ】 アブラムシは2~4mmほどの小さな害虫です。幼虫、成虫ともに葉や蕾を吸汁します。群生していることが多く、早めに対処しないと手遅れになる場合があります。
アブラムシはスス病などのウイルス病の媒介者で、吸汁されてしまうとそこからウイルスがガジュマルの中に侵入し、病気を発症させます。
また、小さな株は発症しなくても吸汁されたことで体力がなくなり、そのまま枯れてしまう場合があります。

【カイガラムシ】
3mmほどの小さな虫で、白い綿毛のようなものを背負っています。吸汁して生長していくと、身体からワックスなどを分泌し、身体を守ろうとします。
カイガラムシに吸汁されると株が弱ってしまい、そのまま枯れてしまうことがあります。

【ナメクジ】
葉や花芽など、食べれる場所ならどこでも食害する性質の悪い害虫です。
外に出していると寄ってくる場合があるので、注意してください。
大食漢でもあるので、梅雨時などナメクジが発生しやすい時期は夜に見回りをしてください。
少し食害された程度なら生長に問題はありませんが、小さい株の場合は葉の大半を食害されたり、生長点を食害されると枯れてしまう可能性があります。

【ダンゴムシ】
柔らかい花芽や新葉、根、発芽したての株を食害します。ナメクジより食害される可能性は低いですが、外で管理しており地面の近くにガジュマルを置いている場合は注意が必要です。

【バッタ】
イナゴなどのバッタは葉の硬さに関係なく食害します。また、食害する量も多いので気付かないでいると手遅れになっていることがあります。
割り箸などで見つけ次第捕殺してください。防虫ネットも有効です。

ガジュマルの詳しい育て方

選び方

ガジュマルを買う時は必ず病害虫に注意してください。
ハダニやアブラムシ等が付着している株を買ってしまうと後々ガジュマルが弱ってしまったり、最悪の場合他の植物へ付着してしまう可能性があります。
ガジュマルはツヤのある葉と幹が特徴なので、出来るだけ葉が健康的で大きく、幹の形の良いものを選んでください。

種まき

ガジュマルの種を入手したらピートモスや種まき用の土を使って種をまきます。
種まきをする時期は4月~6月の暖かい時期がおすすめです。常に土の表面が湿ってるようにして半日陰の風通しの良い場所に置いて下さい。

植え付け

植え付けは5月~7月の暖かい時期に行ってください。挿し木は湿度の高い6月頃がおすすめです。 6月以降に植え付けを行う場合は猛暑日は避けるようにします。
根が出ていない場合は、根が出るまで常に土が湿っているようにしてください。

剪定・切り戻し

剪定の時期としては植え替え時期と同じ5月~7月が好ましいです。植え替え時期ではなくても、夏の成長時期に合わせて、4月~6月の間に剪定しましょう。
剪定をしてあげないと、葉に日光がいかなくなったり、お水や栄養が樹や葉に行き届かなくなったりします。5月頃、切り戻しをすることでバランスよく、ガジュマルらしい姿に成長します。
勢い良く延びる枝はバランスを崩すので根元から切って丸坊主にしてしまいましょう。
生命力が強くどこからでも新芽を出すので、刈り込む様に切り戻してもよいです。
一週間ほどで新芽が出てきますので、ガジュマルの生命力を感じられますよ。 剪定したときに、切り口から白い液が出てきます。
衣類や皮膚についてしまった場合はしっかり洗い流しましょう。

植え替え・鉢替え

ガジュマルは植え替えをしないでいると鉢が根でパンパンになってしまい根詰まりを起こしてしまいます。
そのため、環境にもよりますが1~2年に1度1回り大きい鉢に植え替えをする必要があります。
水はけの良い土を使って植え替え、鉢底にはしっかりと鉢底石を入れてください。
植え替え時期は5~6月頃が最適です。

夏越し

屋外で、気温が40℃以上になった場合は日陰に移動してください。30~50%程度の遮光をすると葉焼けを防止することが出来ます。
水やりは土の表面が乾いたら夕方~夜にたっぷり与えてください。
午前中に行うと暑くなり煮えてしまいます。 活力剤を1000倍に希釈して水やりの2~3回に1度のペースで行うと夏バテを防止できます。

冬越し

気温が10℃以下になったら生長が緩慢になるので、水やりを土が乾燥してから2~3日後に行うようにします。
気温が5℃を切ると枯れてきてしまうので、切らないように10℃前後になったら室内に入れるか、温室内でファンヒーターなどを使って保温してください。
ファンヒーターなど暖房器具を使う場合は火事に注意してください。

増やし方(株分け、挿し木、葉挿しなど)

剪定した枝を挿し木にして増やせます。比較的元気な枝を選びましょう。カットしたときの乳白色の樹液はよく洗い流してください。
葉を2~3枚残して下葉はカットして観葉植物用の土に挿します。葉が多いと余計な栄養分を使って成長につながらなくなってしまいます。
挿し木した鉢は、半日陰に置いてタップリお水をあげましょう。
まず、約1週間~2週間は外の風通しのいい木陰(直射日光が当たらない場所)に置きましょう。葉が下に垂れることがありますが、しばらくすると葉がピンと張ってきます。
3週間経ったぐらいで液肥を少しあげてもいいです。約3か月程で根が張ります。
観葉植物コーナーに売られているようなガジュマルの膨らみのある丸い根はできません。よく見かける膨らんだ丸みのある気根は、種まきや接ぎ木によって栽培されたものになります。

 

病害虫の駆除

ハダニアブラムシナメクジカイガラムシダンゴムシはLOVEGREEN内の記事で詳しく紹介されているのでご覧ください!

バッタは見つけ次第割りばしなどを使い捕殺するか、防虫ネットをお使いください。

 

ガジュマルの剪定

時期としては植え替え時期と同じぐらいの4月~6月の間に剪定するのがいいと言われています。

ガジュマルは暖かい時期にとても成長します。よく成長するので、剪定はいつ行ってもとても丈夫に育ちます。

13282325_872002722908094_1366902296_o

茎が伸びて樹の形が乱れてきたら剪定しましょう。

 

13262623_872002736241426_877418024_o (1)

剪定をしてあげないと、葉に日光がいかなくなったり、お水や栄養が樹や葉に行き届かなくなったりします。また、葉を持ち上げてみると、新芽が出てきていたりするので成長の妨げになってしまいますね。

 

13275405_872002789574754_1260716116_o

葉が少し黄色くなってきているところがありました。こういう場所も思い切ってカットしてしまうのがいいです。

 

13271983_872002769574756_820771651_o

太い枝を切るときは、最初は抵抗がありますが思い切って切りましょう!

思い切って丸坊主にしてみるのもイイです。丸坊主の利点は、ガジュマルが枯れてしまったときの救済措置になります。他にも、葉に行くはずだった水分や養分が全体に行きやすくなり、成長を促します。

 

 

ガジュマルの増やし方

13271744_872002809574752_2093721504_o

ガジュマルを剪定したら、その枝を挿し木してガジュマルを増やしてみませんか。

 

13271532_872002839574749_1144534876_o

切った枝を2~3節にカットします。節は目安ですのでだいたいでいいです。枯れていない木を選びましょう。

 

13214931_872002842908082_1365793602_o

そのときに、切り口から樹液が出てくることもあります。洗い流してしまえば問題はないです。

下葉は切って、枝をななめに切ってください。

 

13242322_872002849574748_792534643_o

土は、観葉植物用の土や赤玉土にバーミキュライトを少量混ぜたものなど、水はけ・水もちのよいものを用意します。挿し木用の土として売られているものもあります。観葉植物が増えてきたので今回は大きなサイズの土を購入しました。

 

13242284_872002856241414_364234833_o

枝の1/2を挿します。

 

13271913_872002716241428_1852138725_o

たっぷりお水をあげて、完了です!土が乾かないように半日陰で管理しましょう。

  • 監修者:LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部アカウントです。編集部のスタッフが監修をしています。
監修している植物一覧を見る
LINE@

人気の植物ランキング