「平山バラ園」平山 健太郎/ガーデンローズの上手く育てるコツを伝授

大曽根百代

大曽根百代

公開日 :

普段聞けない生産者さんの現地の声をお届け!ボタニカルピープルの生産者さんを紹介する企画「生産者に聞く」。

今回は、自然豊かな千葉県九十九里海岸沿い、千葉県山武郡横芝光町で、ガーデンローズと多種類の花壇苗の生産をされている『平山バラ園』さんに話をお伺いしました。

 

プロフィール

■名前:平山 健太郎
■場所:千葉県山武郡横芝光町
■年齢:39歳
■生産歴: 16年
             ※草花販売員2年、育種見習い1年、園芸生産13年
■面積:ハウス 約2,000坪、路地 1,800坪
■生産品目:ガーデンローズ

40年以上の生産経験を持つ平山バラ園さんは、オールドローズやモダンローズ等の様々なガーデンローズ(四季咲きHT・FL、オールドローズ等のつる性)計100種類以上、一年草主体の花壇用に特化した草花 年間200品種以上を生産しており、幅広い生産品目を展開しています。

到底紹介しきれないぐらい色々生産されているので、今回はガーデンローズをクローズアップしてご紹介します。ガーデンローズのオススメの品種や枯らせてしまう一番の原因などお聞きしましたので是非ご参考にしてください。

▼ハイブリッドローズの第一号品種「ラ・フランス」

 

▼ハイブリッドローズ「ジャストジョーイ」

 

この時期の管理は暑い中、薬を撒いたり花がらを摘んだりと特に厳しい時期。ご存知の通りバラには棘があるため、生産している人も腕などが傷だらけになります。沢山取り扱っていれば尚更、棘なし品種でないかぎり大変な作業に。そのような苦労を経て生産をされるバラは素晴らしい株となります。

 

ほかにも、バラに限らず四季折々の種類豊富な植物を栽培しています。

 

季節ごとに作られるハンギング。球体状にぶら下がったお花がとても素敵です。

 

このハンギングは、某テーマパークでご覧いただくことが出来ますので、ぜひ頭上を見てみて下さい。

ハンギングの他にもそちらに植わっているお花は、平山園さんで栽培された植物が沢山あります。季節ごとに植栽が行われている為、年間を通して色々な種類を栽培。沢山の異なる品種を同じ時期に開花させ、同時期に納品するのはかなりの技術を必要とされ、大変なことです。そのような農家さんのおかげで、花でその場所を彩ることができる。そのことを少しでも思って頂けると、また違う視点でお花を観賞することが出来るのではないでしょうか。

もちろんその植物を植栽、お手入れされてる方もいることを忘れずに。各地でお花が植わっていますが、ただ植わっているだけでなくそれぞれの人の思いが詰まっているということを忘れずに♪

生産者になったきっかけを教えてください

「やってみよう!」と思ったのは結構大きくなってからなんですよ。自分が高校生の時、休みなく働く両親の背中を見て「何が2人をここまでストイックにさせるのだろうか」と思いました。そこからですね、自分の人生を賭けた答え探しが始まりました。
母親の母校でもある東京農業大学を出て、横浜の園芸店で2年ほどお世話になり、その後は父親が若かりし頃に勤めていた京成バラ園の育種農場で見習いをさせて頂いたものの…何の答えも見つかりませんでしたね。

最後の賭けで生産者の道へと進みました。実際やってみると色々な発見とか面白い部分が見えてきて・・・ある時、ふと急に分かったんですよ、両親の気持ちが。「なんだ、この仕事が好きなだけか」って。きっとその時が、自分も花を好きになった瞬間なんでしょうね。

 

ガーデンローズって育てるのが難しい?

皆さん同じような質問をされますが、実際はそうでも無いですよ。特に平山園で取り扱う品種の多くは、「初心者でも簡単に育てられる」品種を選んでいますから。それでも「バラは難しい」と言うイメージになってしまうのは、バラが花と木の両方の側面を持っている事が原因じゃないでしょうか。そのこともあり「他の植物より育てる手間がかかりそう」と思われるのは当然だと思います。

確かに、季節に応じて管理方法を変えていく事を求められたり、病害虫への農薬散布が必須であったり、やる事が少ないと言ったら嘘になりますね。でも、季節毎の「育てるコツ」を覚えれば特に難しい訳では無いですよ。

初めての方には自分が思ったようにキレイに咲かないかも知れない。それでもコツさえ覚えれば「枯れる」という事はあまり起きません。

↑ 株の体力をあまり消耗させないためと花びらがバラバラと散らかるのを防ぐために花や蕾を取ります

 

バラが枯れる原因の多くは何だと思いますか?

答えはすごく簡単で、単に水切れです。

バラを育て始める方のほとんどが、草花などに関してはスペシャリストだったりします。逆にそれが仇となって、水切れでバラを枯らしやすいんですよ。それは、皆さんが思っている以上に「バラは水が大好き」だからです。特にこれからの暑い時期、1日2回は水を撒いて欲しいですね。

水切れに気を付けるだけで、バラが枯れるケースはかなり減ります。それともう一つは、強健で耐病性に優れた品種を選んで頂くだけでも、今以上に簡単に育てられるようになります。

ほら、バラって案外簡単そうでしょう(笑)

 

ガーデンローズを上手く育てるポイントを教えてください

 日当たりの良い場所・赤玉主体の水はけの良い土・丈夫な品種選び等、上手に育てるポイントは沢山あります。ただ、庭植え・鉢植え両方に言える事は、管理方法に「メリハリ」を付ける事です。 水やりはタップリ、肥料も適期にドンと入れます。冬場の剪定はガッツリ切ってあげたり、案外管理方法のベースは男性向き。 バラを育てるマニュアル本は、たくさん出ていますが、どれにも共通しているのは管理方法にメリハリが付いている事です。

 

オススメのガーデンローズを教えてください

昔から好きで特にオススメなのは「アンジェラ」と言う品種です。とにかく育てるのが簡単で、初心者から上級者まで幅広い楽しみ方が出来るのが理由ですね。つる性なので伸ばしてフェンスに絡めても良いし、四季咲き性も強いので短く切ってコンパクトに楽しんでも良い。ピンクの中輪半八重なので、パッと見はバラっぽくない感じで植える場所も選びませんね。和風・洋風、どっちでもOKの万能な品種です。

 

仕事をする上で苦労されたことはなんですか?

他の生産者さんと同じように、水管理の困難さ、全然休みが取れないとか、数えたらキリがないぐらい沢山ありますよ。でも、一番苦労してきたのは自分が「左利き」な事ですね。

バラ屋として生きていくのに最も大切な剪定バサミとか、なかなか左利きのガーデニンググッズって売ってないんですよ。今でこそ何でもネットで買える時代になったので、ある程度は解決しましたけど。そんな苦労をしてきたので今以上にユニバーサルなガーデニンググッズが増えていく事に期待したいですね。自分の様な左利きの方や何らかの障害を抱えた方、子供からお年寄りまで、もっともっと簡単にローズライフを楽しめるように。

↑ 平山さん愛用の左利き用剪定ばさみ

 

平山さんがやりがいを感じる時はどんな時ですか

色々ありますけど、一番は「お客さんの笑顔」ですね。この業界は草花の販売員からスタートしているので、とにかくお客さんの笑顔を大切にしてきました。生産者の道を選んだ今でも、それは何一つ変わってないですね。

 

最後に一言 お願いします!

園芸農業は、穀物・野菜・果樹などの食べられる作物を生産する農業とは違い必ずしも生活に必要なものではありません。

所詮は人が生きていく上での「遊び」の一部分。ただその遊びが人と人とを繋げたり、誰かを喜ばせたり、自身の心を癒やしたり、時として地球の環境すらも変えてしまったり、スケールの大小に関わらず様々な影響を世にもたらします。

「遊び」という行為を馬鹿にする人がいます。でも、遊びこそが人生を豊かにする最強のツールである事は間違いありません。

No flower No life!(笑)

 

——平山さんありがとうございました。

難しそう…という考えが先行してしまいがちなバラですが、品種を選べば育てやすく管理も楽な種類はたくさんあるそうですね。手をかけなければいけない品種もありますが、まずは強い品種から挑戦してみるのはいかがでしょうか?

平山園さんでは育てやすい品種のバラを取り揃えており、一般のお客さんも直接来園して購入することができますのでHPやSNSをチェックしてみてください♪面白い平山さんの人間性も同時にチェックできると思いますので、Facebookをやっている方は是非いいねを!(笑)

 

\平山バラ園さんのSNSをチェックしよう/

花壇を彩る平山園(平山バラ園)

平山園さんのHP

 

▼関連ワード

「「平山バラ園」平山 健太郎/ガーデンローズの上手く育てるコツを伝授」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

LINE@
大曽根百代
大曽根百代

千葉大学園芸学部を卒業後、園芸店に勤め、販売だけなく植物をきちんと理解したいと思い、千葉大の苗生産部にて植物の生産業(花苗)に従事。その後、多肉植物の生産を経験。現在は多肉植物の販売サポートやバラの管理業務をしています。多肉だけでなく植物全般好きで、宿根草なども育てています。最近はマイクロ胡蝶蘭とバンダにも挑戦中。より植物の魅力を感じ、皆様にもその魅力と生産者情報を記事としてこれからも発信していきます。

おすすめ