秋色アジサイのフライングリースの作り方

山田智美

山田智美

公開日 :

フライングリースとは、シャンデリアのように上から吊るして楽しむタイプのリースのことです。きれいなアンティークカラーに変化した秋色アジサイをフライングリースにして楽しみましょう。

飾りながらドライフラワーに出来る、秋色アジサイのフライングリースの作り方をご紹介します。

目次

フライングリースとは

秋色アジサイのフライングリースの材料

秋色アジサイのフライングリース作り方|ベース編

秋色アジサイのフライングリース作り方|お花編

秋色アジサイのフライングリースの仕上げ

秋色アジサイのフライングリースの出来上がり!

フライングリースとは

フフライングリースとは、通常の壁にかけて楽しむリースと違い、上から吊るして楽しむタイプのリースのことです。上から吊るして飾るので、下垂するものや躍動感のある花材を使って、遊びの多い仕上がりになります。  せっかく宙に吊るして楽しむのですから、軽やかなシャンデリアのような趣のあるリースを作ってみましょう。今回は今がきれいな秋色アジサイでのフライングリースの作り方です。そのままドライになる花材ばかりなので、飾りながらドライになっていく過程も楽しめます。

フライングリースとは、通常の壁にかけて楽しむリースと違い、上から吊るして楽しむタイプのリースのことです。上から吊るして飾るので、下垂するものや躍動感のある花材を使って、遊びの多い仕上がりになります。

せっかく宙に吊るして楽しむのですから、軽やかなシャンデリアのような趣のあるリースを作ってみましょう。今回は今がきれいな秋色アジサイでのフライングリースの作り方です。ドライフラワーに出来る花材ばかりなので、飾りながらドライフラワーになっていく過程も楽しめます。

▼壁にかけるリースの作り方はこちら

目次に戻る≫

秋色アジサイのフライングリースの材料

■材料|マテリアル編  ・#18~20のワイヤー 4本  ・フローラルテープ  ・ドライのサンキライのツル

いよいよ秋色アジサイのフライングリースに取り掛かりましょう。材料はベースを作る資材と、飾りながらドライフラワーに出来るお花です。

材料|ベース編

・#18~20のワイヤー 4本

・フローラルテープ

・ドライのサンキライのツル

材料|お花編 ・秋色アジサイ  ・ユーカリ  ・セルリア

材料|お花編

・秋色アジサイ 大ぶり1玉

・ユーカリ

・セルリア

目次に戻る≫

秋色アジサイのフライングリース作り方|ベース編

フライングリースの基礎となる部分を作ります。ワイヤーで作った円にドライのツルを重ねるように留めていきます。ふっくらと厚みがあり、でも中は抜けるような軽やかさを意識して作りましょう。

・ワイヤーを2本ずつ取って、フローラルテープで巻いていきます。2組のワイヤーを繋げて、長さのあるワイヤーにします。  ・お皿やボールにぐるりと巻き付け、Φ20㎝くらいの円を作ります。リースベースの出来上がりです。  ・リースベースにサンキライの枝を留めていきます。これがフライングリースのベースになるので、丸い形になるように丁寧に編んでいきます。

ワイヤーを2本ずつ取って、フローラルテープで巻いていきます。2組のワイヤーを繋げて、長さのあるワイヤーにします。

 

・ワイヤーを2本ずつ取って、フローラルテープで巻いていきます。2組のワイヤーを繋げて、長さのあるワイヤーにします。  ・お皿やボールにぐるりと巻き付け、Φ20㎝くらいの円を作ります。リースベースの出来上がりです。  ・リースベースにサンキライの枝を留めていきます。これがフライングリースのベースになるので、丸い形になるように丁寧に編んでいきます。

お皿やボールにぐるりと巻き付け、Φ20㎝くらいの円を作ります。リースベースの出来上がりです。

 

ワイヤーを2本ずつ取って、フローラルテープで巻いていきます。2組のワイヤーを繋げて、長さのあるワイヤーにします。  ・お皿やボールにぐるりと巻き付け、Φ20㎝くらいの円を作ります。リースベースの出来上がりです。  ・リースベースにサンキライの枝を留めていきます。これがフライングリースのベースになるので、丸い形になるように丁寧に編んでいきます。

リースベースにサンキライの枝を留めていきます。これがフライングリースのベースになるので、丸い形になるように丁寧に編んでいきます。

 

サンキライの枝を、2本3本と重ねて取り付けて行きます。

サンキライの枝を、2本3本と重ねて取り付けて行きます。

 

立体感が出るように、何重かに巻き付けたら、フライングリースのベースの出来上がりです。

立体感が出るように、何重かに巻き付けたら、フライングリースのベースの出来上がりです。

目次に戻る≫

秋色アジサイのフライングリース作り方|お花編

お花は大きな塊よりも、小房に分けてある方が軽やかな印象のリースになります。細かく分けすぎるとリースに留め辛くなるので、ワイヤリングします。

お花は大きな塊よりも、小房に分けてある方が軽やかな印象のリースになります。細かく分けすぎるとリースに留め辛くなるので、ワイヤリングします。

 

・秋色アジサイはそのままでは大きすぎるので小房に分けて使います。裏側から見ると細かい枝に分かれているので、切り分けポイントがわかりやすくなります。

秋色アジサイはそのままでは大きすぎるので小房に分けて使います。裏側から見ると細かい枝に分かれているので、切り分け易い場所がわかりやすくなります。

 

・セルリアも一輪ずつに分けてワイヤリングします。

セルリアも一輪ずつに分けてワイヤリングします。

 

・ワイヤリングしたものを、リースベースに留めていきます。

ワイヤリングしたものを、リースベースに留めていきます。

秋色アジサイのフライングリース作り方のコツ

フライングリースはシャンデリアのように上から吊るして楽しむものです。横からと下からの眺めを意識してお花を入れていきます。全てが均等に入っているよりも偏りがある方が「揺らぎ」を感じます。正確過ぎるものは、見ている人に緊張感を与えてしまいます。少し無造作にルーズな出来上がりを意識しましょう。

フライングリースはシャンデリアのように上から吊るして楽しむものです。横からと下からの眺めを意識してお花を入れていきます。全てが均等に入っているよりも偏りがある方が「揺らぎ」を感じます。正確過ぎるものは、見ている人に緊張感を与えてしまいます。少し無造作にルーズな出来上がりを意識しましょう。

目次に戻る≫

秋色アジサイのフライングリースの仕上げ

アジサイ、セルリアなどお花を入れ終わったら、最後にツル植物を回しかけます。ツル植物を入れることで、リースの円形が強調されて、より軽やかできれいな丸いリースが出来上がります。今回は、そのままドライに出来るヤマブドウを使用しました。  最後の仕上げは、必ずリースを吊るした状態で行いましょう。全体のバランスを見ながら、ヤマブドウのツルをぐるりと回しかけていきます。

アジサイ、セルリアなどお花を入れ終わったら、最後にツル植物を回しかけます。ツル植物を入れることで、リースの円形が強調されて、より軽やかできれいな丸いリースが出来上がります。今回は、そのままドライフラワーに出来るヤマブドウを使用しました。

最後の仕上げは、必ずリースを吊るした状態で行いましょう。全体のバランスを見ながら、ヤマブドウのツルをぐるりと回しかけていきます。

目次に戻る≫

秋色アジサイのフライングリースの出来上がり!

秋色アジサイのフライングリースの出来上がりです。植物で出来たシャンデリアです。お部屋の好きなところに吊るして、ドライになっていく色の変化も楽しみながら、飾ってください。

秋色アジサイのフライングリースの出来上がりです。植物で出来たシャンデリアです。お部屋の好きなところに吊るして、ドライフラワーになっていく色の変化も楽しみながら、飾ってください。

目次に戻る≫

 

▼編集部のおすすめ

 

▼関連ワード

「秋色アジサイのフライングリースの作り方」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

LINE@
山田智美
山田智美

植物が好きで好きで、植栽設計、ガーデナー、生花店勤務を経て現在は、フリーランスの花屋「花や蜜」として活動中。「てのひらに森を」がテーマの花屋です。森の中にいるような、見ているだけで力が抜けていくようなお花を作り続けたいと思ってます。街中で突然お花を配る、「花ゲリラ棘」というゲリラ的花配り活動も不定期決行しています。

おすすめ