あじさいのドライフラワーの作り方!あじさいの種類やきれいに乾燥させるコツ

金子三保子

金子三保子

公開日 :

ドライフラワーのあじさいは人気で、おうちに飾っている方も多いのでは?

生花のあじさいもきれいですが、ドライフラワーになったあじさいは色が退色して、独特の色合いになり、一輪でも様になるアイテムです。

あじさいのドライフラワーは、作り方は簡単です。ただ、きれいに作るにはちょっとしたコツがあるのでご紹介します。

目次

どんなあじさいでもドライフラワーになるの?

きれいなドライフラワーになるあじさいの種類って?

あじさいのドライフラワー作りの下準備

あじさいのドライフラワーの作り方

あじさいのドライフラワー作りに向く季節

あじさいのドライフラワーってどれくらい持つ?

 

どんなあじさいでもドライフラワーになるの?

あじさいなら何でもドライフラワーになるのかというと、残念ながら、ドライフラワーにするのに向かないあじさいもあります。

あじさいなら何でもドライフラワーになるのかというと、残念ながら、ドライフラワーにするのに向かないあじさいもあります。

 

例えば、梅雨の時期に咲くあじさいや花屋さんで買うことのできる西洋あじさいは、きれいなドライフラワーになりにくいあじさいです。

例えば、梅雨の時期に開花したばかりのあじさいは、きれいなドライフラワーになりにくいあじさいです。

目次に戻る≫

きれいなドライフラワーになるあじさいの種類って?

1.秋色あじさい、アンティークカラー系あじさい

秋色あじさい(紫陽花)とは、もともとは品種名ではなく、通常のあじさいの開花時期である初夏に咲いた花が、気温の変化などによって、時間をかけてアンティークカラーの色あいに変化した状態のことを「秋色あじさい」と言います。ただ最近は、新しく品種改良されてできたあじさいの中には、きれいな秋色に変化するように作られている品種も出てきました。西安(シーアン)やマジカル系などは秋色あじさい系の品種です。

秋色あじさいとは?

秋色あじさい(紫陽花)とは、もともとは品種名ではなく、通常のあじさいの開花時期である初夏に咲いた花が、気温の変化などによって、時間をかけてアンティークカラーの色あいに変化した状態のことを「秋色あじさい」と言います。

あじさいの花は、私たちが花びらと思っている部分は「ガク」です。咲き始めは柔らかいガクが、数か月たつと厚みをましてきます。ガクが厚みが出てきた時点で、ドライフラワーにすると、きれいなドライフラワーになるのです。

最近は、新しく品種改良されてできたあじさいの中には、きれいな秋色に変化するように作られている品種も出てきました。西安(シーアン)やマジカル系などは秋色あじさい系の品種です。こうした秋色あじさい系の品種も、ドライフラワーにするには、咲き始めまもない時ではなく、数か月管理してガクが厚くなってきた時点で、ドライフラワー作りの作業に入ります。

マジカル系アジサイ

最近は、新しく品種改良されてできたあじさいの中には、きれいな秋色に変化するように作られている品種も出てきました。西安(シーアン)やマジカル系などは秋色あじさい系の品種です。こうした秋色あじさい系の品種も、ドライフラワーにするには、咲き始めまもない時ではなく、数か月管理してガクが厚くなってきた時点で、ドライフラワー作りの作業に入ります。

 

育てている秋色系のあじさいの収穫のタイミング

育てている秋色系のあじさいをドライフラワーにする場合は、<strong>花の開花後しばらくして、最初の花色から色が変化して、花弁(ガク)に厚みがでてきたタイミングで剪定してドライフラワーにすると、</strong>きれいなドライフラワーになりやすいでしょう。

育てている秋色系のあじさいをドライフラワーにする場合は、花の開花後しばらくして、最初の花色から色が変化して、花弁(ガク)に厚みがでてきたタイミングで剪定してドライフラワーにすると、きれいなドライフラワーになりやすいでしょう。

あじさいを収穫する時間帯は、朝か夕方以降。昼間の時間帯は植物が水分を発散する時間帯です。そうした時間帯に花を剪定すると、花の日持ちが悪くなります。あじさいも水が下がりやすくなるので、剪定時間帯は大切です。

 

2.アナベル

アナベルとは、アメリカアジサイやアメリカノリノキの別名を持つあじさいの仲間の落葉性低木です。

アナベルとは、アメリカアジサイやアメリカノリノキの別名を持つあじさいの仲間の落葉性低木です。

初夏に20~30cmの大きな花が開花し、花の色は、最初はグリーン、咲き進むにしたがって白くなる色の変化も素敵で、最近とても人気のある品種です。

このアナベルはドライフラワーにとてもなりやすいあじさいです。ただし、アナベルをきれいなドライフラワーにするには、剪定の時期が重要です。

アナベルは開花後、数か月かけて、写真のような落ち着いた秋色グリーンに変化します。ドライフラワーにするのは、この秋色グリーンになったタイミングで剪定するのがポイントです。花屋さんでも秋色のアナベルは、夏の終わりから秋にかけて出回ります。

2011年ごろから出回りだしたピンク色のアナベル、「ピンクアナベル」。ピンクアナベルも、咲き始めのピンクから、きれいな秋色に変化した時点でドライフラワーにすると美しい仕上がりになります。

2011年ごろから出回りだしたピンク色のアナベル、「ピンクアナベル」。ピンクアナベルも、咲き始めのピンクから、きれいな秋色に変化した時点でドライフラワーにすると美しい仕上がりになります。

アナベルを剪定せずに放置するとどうなる?

秋色グリーンのアナベルを放置すると、最終的には茶色くなってしまいます。

秋色グリーンのアナベルを放置すると、最終的には茶色くなってしまいます。

 

3.ミナヅキ(ピラミッドアジサイ)

普通のあじさいと違って、形がピラミッド型をしたミナヅキ。

普通のあじさいと違って、形がピラミッド型をしたミナヅキ。

咲き始めは白から数か月かけて秋色ピンクに変化します。アナベルと同様、ドライフラワーにするなら、写真のような秋色になってから剪定、もしくは秋色になったミナヅキを購入しましょう。

 

この他、秋色に変化したカシワバアジサイもドライフラワーになりやすいあじさいです。

目次に戻る≫

あじさいのドライフラワー作りの下準備

あじさいを買って来たら、まずは花までしっかりと吸水させる

どうせドライフラワーにするのに、なぜ吸水させるのか?と思うかもしれませんが、花の頭までしっかりと水が上がったあじさいと、水が落ちかけたあじさいをドライフラワーにすると、仕上がりの美しさに違いがでます。

どうせドライフラワーにするのに、なぜ吸水させるのか?と思うかもしれませんが、花の頭までしっかりと水が上がったあじさいと、水が落ちかけたあじさいをドライフラワーにするのとでは、仕上がりの美しさに違いがでます。

左・あじさいの一部が折れて水が上がらないままドライフラワーになったあじさい。花がくしゃっとしてしまいました。

右・しっかりと水揚げしてからドライフラワーになったあじさい。花弁(ガク)がきれいに乾燥して花の形がきれいに残りました。

 

水が落ちかけた花を触ると、しんなりと柔らかい触り心地です。野菜がしんなりとしてしまった時の触感と同じです。

水が落ちかけたあじさいは、触るとふにゃっとした触感で、そのまま乾燥させると左のあじさいのように花弁(ガク)がくしゃくしゃな仕上がりになってしまいます。

 

あじさいの水が上がったら早めに乾燥させよう!

あじさいを自然乾燥できれいなドライフラワーにするには、新鮮なあじさいのうちにドライフラワー作りの作業に入ることがポイントです。

あじさいを自然乾燥できれいなドライフラワーにするには、新鮮なあじさいのうちにドライフラワー作りの作業に入ることがポイントです。

生けて楽しんでからドライフラワーにしたいところですが、早めに乾燥に入った方が、色合いのきれいなドライフラワーになります。

目次に戻る≫

 あじさいのドライフラワーの作り方

あとはあじさいを頭を下にしてぶら下げておけば、1週間程度であじさいが乾燥します。

あとはあじさいを頭を下にしてぶら下げておけば、1週間程度であじさいがドライフラワーになります。

ポイントは完全に乾燥させること。あじさいが完全にドライフラワーになると、カサカサとした触り心地になります。

 

ぶら下げるひもはしっかりと縛りましょう。

ぶら下げるひもはしっかりと縛りましょう。

 

あじさいの頭だけぶら下げたい時は、あじさいの房が枝分かれしている部分に引っ掛けると簡単です。

あじさいの頭だけぶら下げたい時は、あじさいの房が枝分かれしている部分に引っ掛けると簡単です。

 

あじさいはぶら下げたままでもインテリアとして素敵な素材です。

あじさいはぶら下げたままでもインテリアとして素敵な素材です。

そんな時はひもの素材にこだわってみてはいかがでしょうか。

目次に戻る≫

あじさいのドライフラワーづくりに向く季節

湿度が低い乾燥した時期があじさいのドライフラワー作りに向いている季節ですが、育てたあじさいをドライフラワーにする場合は、夏から秋にかけてが多いと思います。天気予報を見て、数日晴れが続く日を選ぶとスムースにドライフラワーになっていきます。

反対に、梅雨のような湿度が高く、雨が多い日は乾燥している途中でカビたりしやすいので、自然乾燥のドライフラワー作りはおすすめできない季節です。

目次に戻る≫

あじさいのドライフラワーってどれくらい持つ?

こちらは生花の秋色あじさいで作ったリース

こちらは生花の秋色あじさいで作ったリース。

あじさいの生花でリースを作っていく時のポイントは、あじさいをたっぷりとつけること。どんな素材でもドライフラワーになっていく過程で縮みがでるので、少し多めにつけておくとドライフラワーになった時にスカスカにならず美しい見た目のリースになります。

 

リースの4ヶ月。やさしい色合いに変化しました。

リースの4ヶ月後。あじさいが優しい色合いに変化しました。

あじさいのドライフラワーは徐々に退色していきます。

色のある花のドライフラワーの観賞期間は、だいたい3ヶ月~半年が日持ちの期間と言われています。ただし、同じ時期にドライフラワーにしたあじさいでも置き場の環境によって、色の抜け方がまったく変わります。期間がたつと、ホコリがたまったりするので、長い間飾っているドライフラワーは、メンテナンスをして清潔を保ちましょう。

 

ドライフラワーを飾るのに適した場所

直射日光の当たらない風通しのよい部屋が、ドライフラワーを飾るのに適した場所です。

キッチンの水回りとガス周りは、油や水分が飛びやすいので、繊細な花もののドライフラワーには向かない場所です。

目次に戻る≫

あじさいのドライフラワーは、ある程度の期間飾ることができるので、気軽に生活に植物を取り入れることができます。リースやスワッグ、アレンジの材料にもできますが、一輪だけ飾っても存在感のあるドライフラワーです。きれいな秋色あじさいが手に入ったらドライフラワーにしてみませんか。

あじさいのドライフラワーは、ある程度の期間飾ることができるので、気軽に生活に植物を取り入れることができます。リースやスワッグ、アレンジの材料にもできますが、一輪だけ飾っても存在感のあるドライフラワーです。きれいな秋色あじさいが手に入ったらドライフラワーにしてみませんか。

 

あじさいのドライフラワー関連記事

▼関連ワード

「あじさいのドライフラワーの作り方!あじさいの種類やきれいに乾燥させるコツ」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

LINE@
金子三保子
金子三保子

フラワーコーディネーター、フォトグラファー。1997年よりフラワースクールにてスタッフを経験後、2001年に花屋・レコルトを設立。 花のギフトや装花・コーディネート、自身でスタイリングした花の撮影など、幅広く活動中。受け手が心地よい気分になれるような、ナチュラルでさりげない花や写真を提案している。 好きな植物は、草花、ハーブ、原種のクレマチスなど。ビオラは交配して自分の好みの色あいを作ったりもしている。色合わせがとにかく好き。

おすすめ