あじさいで作ったリースのその後!ドライになったらどうなるの?

金子三保子

金子三保子

公開日 :

秋から冬場は、植物を自然にドライフラワーにするのに適した季節です。

今回は、生花の時とドライフラワーになった時の色の変化を、リースとスワッグでご紹介します。

あじさいをリース風にアレンジ!

こちらは、アンティークカラー系のあじさい。色のバリエーションが豊富で、とっても人気のお花です。国産をはじめとして、オランダなどからの輸入ものまで色々あります。

このあじさいは、咲いた時の色ではありません。咲いてから、夏、秋、冬と管理して、気温の変化によって花弁の色合いが微妙に変化したものを、生産者さんの見計らいで出荷されてきます。

今回は、あじさいを小分けにしてリース風に生けて、そのままドライにしてみることにしました。

今回は、あじさいを小分けにしてリース風に生けて、そのままドライにしてみることにしました。

1か月後・・・

生花の状態でもシックな色合いでしたが、ドライフラワーになると褪せて落ち着いた色に。

生花の状態でもシックな色合いでしたが、ドライフラワーになると褪せて落ち着いた色に。花びらがきれいにドライになったものもあれば、縮れてドライになったものなどいろいろ。

真っ赤だったあじさいは・・・

今回のあじさいは、特にこの赤に目を奪われました。すごい発色です。

今回のあじさいは、特にこの赤に目を奪われました。すごい発色です。

1か月後

赤は、パープルカラーに変化。

赤は、パープルカラーに変化。

例えば、バラの場合、深紅のバラはドライフラワーになると黒っぽく、オレンジ色のバラは赤っぽくなります。一方、生とドライで、それほど色の差がない花材もあります。(千日紅、エリンジウムなど)

ハーブのミニスワッグの色の変化

葉っぱは、ドライにするとどうなるのでしょうか。

葉っぱは、ドライにするとどうなるのでしょうか。

2週間後

全体的に落ち着いたグリーン色になりました。状態は、ドライになったものと、まだ半生のものがあります。葉に厚みがあるものは、完全にドライになるまでに時間がかかります。

全体的に落ち着いたグリーン色になりました。状態は、ドライになったものと、まだ半生のものがあります。葉に厚みがあるものは、完全にドライになるまでに時間がかかります。

ユーカリ・ポポラスは・・・

2016122014

シルバーグリーン色のユーカリ。左のシルバーグリーン色が、ドライになると右のような色に変化します。

ドライフラワーにするのに向く季節

湿度が低くて、空気が乾燥している秋~冬と、春が最適な季節です。

梅雨のような湿度が高い季節は、植物がドライになる過程でカビが生えやすかったりすることから、自然にドライにするのには向きません。

花材が新鮮なうちに

ドライフラワーにするのが目的なら、買ってきて水をたっぷり吸わせたら、新鮮なうちにドライフラワーにしましょう。生花でも楽しみたいところですが、早めにドライフラワーにしたのと、咲ききってからドライフラワーにしたのでは、仕上がりの状態や色に歴然とした差が出ます。

乾燥させる場所は・・・

乾燥させるスペースは、風通しがよい室内で、直射日光の当たらないところが適しています。

20161219mini

ドライフラワーってどれくらい持つの?

植物の種類にもよりますが、半年くらいが一般的です。それ以上たつと、退色が激しくなっていきます。

▼ドライフラワーになりやすい花をまとめました。ご参考にどうぞ!

生花のリースをドライにする注意点

生花からドライになる過程で、花材は全体的に縮みます。ドライフラワーになった時にスカスカになったりするので、縮むのを想定に入れて、こんもり多めに入れて作ります。そうすると、ドライフラワーになっても見た目がきれいなリースに仕上がります。

ドライフラワーを飾る場所

作る場所と同様、風通しが良く、直射日光が当たらない室内が最適です。

同じ時期に同じ花材で作ったドライフラワーでも、置き場所などのコンディションによって、退色や長持ち度がまったく違います。

▼あじさいのドライフラワーについて詳しくご紹介しています。

20161220top3

秋から冬は、リースを作る機会も多いので、参考にしてみてくださいね!

 

編集部のおすすめ

 

 

▼関連ワード

「あじさいで作ったリースのその後!ドライになったらどうなるの?」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

LINE@
金子三保子
金子三保子

フラワーコーディネーター、フォトグラファー。1997年よりフラワースクールにてスタッフを経験後、2001年に花屋・レコルトを設立。 花のギフトや装花・コーディネート、自身でスタイリングした花の撮影など、幅広く活動中。受け手が心地よい気分になれるような、ナチュラルでさりげない花や写真を提案している。 好きな植物は、草花、ハーブ、原種のクレマチスなど。ビオラは交配して自分の好みの色あいを作ったりもしている。色合わせがとにかく好き。

おすすめ