雪柳(ユキヤナギ)の花言葉|種類、花の特徴、花言葉の由来

アバター画像

LOVEGREEN編集部

このライターの記事一覧

公開日 :

雪柳(ユキヤナギ)の花言葉と種類、花の特徴、花言葉の由来についてご紹介。雪柳(ユキヤナギ)は白い可愛らしい花をつける落葉低木。

目次

雪柳(ユキヤナギ)の花言葉

雪柳(ユキヤナギ)の花言葉は「愛嬌」「愛らしさ」

目次に戻る≫

雪柳(ユキヤナギ)について|基本情報とは

科・属  バラ科・シモツケ属
和名  雪柳
英名  Thunberg’s meadowsweet
学名  Spiraea thunbergii
原産地  中国
開花期  3月~4月

目次に戻る≫

雪柳(ユキヤナギ)とは|花の特徴と花言葉の由来

ユキヤナギ

雪柳(ユキヤナギ)は、枝垂れるように生長した枝に、白やピンクの小さな花を無数に咲かせるバラ科の落葉低木。「雪柳」の名前から、花の開花時期が雪の降る冬に思われがちですが、桜と同じころの春に開花する植物です。枝垂れような枝ぶりが柳に似て、枝に雪のように咲く花が雪を連想させることから名前がつきました。花言葉の「愛嬌」「愛らしさ」は、いずれもかわいらしい花の姿にちなみます。

 

ピンクユキヤナギ

近年はピンク系の新しい品種や黄金葉の品種など、葉を楽しむ品種もあります。花は切り花としても愛され、たくさんの枝ものが冬から早春に流通しています。

 

雪柳

自然樹形で管理したい場合は、中途半端な位置で剪定をすると、そこから枝別れするため、せっかくの美しく枝垂れるように咲く雪柳(ユキヤナギ)の良さが出せません。不要な枝、枯れ枝は根元や基部から剪定するのが美しい樹形に仕立てるコツです。

刈り込みに堪える木なので、刈り込んで生垣として仕立てることもできます。大きくしたくない場合は、毎年、花の後に剪定をすると、低めの丈で管理することもできます。

目次に戻る≫

雪柳(ユキヤナギ)の種類

フジノピンク

ユキヤナギ

外側の花びらがとても淡い桃色をしたユキヤナギの園芸品種。蕾のときは濃い桃色で、開花後少しずつ内側が白に変わっていきます。フジノピンク以外にも「紅花雪柳」「桃色雪柳」「フジノピンキー」など様々な名称で流通しています。

オウゴンユキヤナギ

ユキヤナギよりも葉が黄色いことからできた園芸品種。秋には紅葉するので葉っぱも花も楽しめるユキヤナギです。

蒲田早生

大きな花をたくさん咲かせる品種のユキヤナギ。生け花用に使われています。通常のユキヤナギよりも少し小さめです。

 

▼雪柳(ユキヤナギ)の育て方

 

▼雪柳(ユキヤナギ)の関連記事

 

目次に戻る≫

LOVEGREEN(ラブグリーン)メールマガジン会員募集中!

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「雪柳(ユキヤナギ)の花言葉|種類、花の特徴、花言葉の由来」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

アバター画像
LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN(ラブグリーン)の編集部アカウントです。育て方の記事や、編集部としての取材記事やオフィシャル情報などを配信。

このライターの記事一覧

『誕生花・花言葉』デイリーアクセスランキング

LOVEGREEN 公式アカウントをフォロー!

  • Instagram
  • Facebook
  • LINE
  • Twitter

関連サービス