春の訪れ、ピンクユキヤナギの魅力

大曽根百代

大曽根百代

5951views
公開日 :
このエントリーをはてなブックマークに追加

ピンク色の花が咲くユキヤナギ、春っぽい柔らかな色で春の訪れを知らせてくれます。

ピンクのユキヤナギ、フジノ・ピンク

蕾が濃いピンクで、花弁の外側がピンク色のユキヤナギ。ピンクユキヤナギやフジノピンクとも呼ばれます。

花弁の内側は白色なので、コテコテのピンク色ではなく、柔らかい印象の色味です。

 

葉っぱより先に花が咲くので、一枝に沢山咲くととてもきれいです。

ユキヤナギと比べるとよりピンク色がわかります。

 

一緒に植えても可愛いですね!花の形も良く見たら桜に似ています。

 

初心者にオススメの低木

大きさは1.5mくらいの低木で、グランドカバーにもできます。

土質は選ばずやせ地でも育ち、さらに病気や虫に強い優れものなので初心者さんにオススメの低木ですよ。

木立ちして、枝はまっすぐだったり、枝垂れたりと動きのある姿になります。

短く切りつめても生育旺盛なので、すぐに伸び剪定も難しくありません。剪定するときは花後が良いでしょう。

紅葉もするので季節を感じる事もできます。

ただ放置すると大きくなってしまうので、大きくしたくない場合は毎年短く切ることをお勧めします。

 

たくさん咲いた姿はとてもきれいですので、桜の開花前に花を楽しむことが出来ます。

 

いかがでしたか?可憐な見た目とは反対に、生育旺盛で丈夫なピンクユキヤナギ。かわいらしくて強いなんてもう言うことなしですね♪

花が多すぎると思ったら、切り花としても使え、お部屋で楽しむこともできます。

ピンクの花が好きな方にや初心者さんにぜひオススメしたい植物です。

 

「春の訪れ、ピンクユキヤナギの魅力」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

大曽根百代
大曽根百代

千葉大学園芸学部を卒業後、園芸店に勤め、販売だけなく植物をきちんと理解したいと思い、千葉大の苗生産部にて植物の生産業(花苗)に従事。その後、多肉植物の生産を経験。現在は多肉植物の販売サポートやバラの管理業務をしています。多肉だけでなく植物全般好きで、宿根草なども育てています。最近はマイクロ胡蝶蘭とバンダにも挑戦中。より植物の魅力を感じ、皆様にもその魅力と生産者情報を記事としてこれからも発信していきます。