バタフライピー(クリトリア)の花言葉|種類、特徴、色別の花言葉

LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN編集部

このライターの記事一覧

公開日 :

バタフライピー(クリトリア)は、マメ科のツル性のハーブ。バタフライピー(クリトリア)の花言葉、種類、特徴、色別の花言葉をご紹介!

 

バタフライピー(クリトリア)の花言葉

バタフライピー(クリトリア)の花言葉は「小さな恋」

明確な色別の花言葉は設定されていません。

 

バタフライピー(クリトリア)について

科・属 マメ科・チョウマメ属
和名 チョウマメ、クリトリア
学名 Clitoria ternatea
原産地 東南アジア
開花期 6~9月

 

バタフライピー(クリトリア)の特徴

バタフライピー(クリトリア)は、マメ科のツル性のハーブです。原産地では多年草扱いですが、冬の寒さに弱いため、日本では一年草として扱われています。バタフライピー(クリトリア)は暑さにはとても強く、真夏でもツルをぐんぐんと生長させ、たくさんの花を咲かせます。

▼バタフライピー(クリトリア)を実際に育ててみました!

 

バタフライピー(クリトリア)の花の青にはアントシアニンという天然の青い色素が含まれ、お茶として煎じると、きれいな青いお茶になります。ハーブのマロウティーと同じく、レモンなどの酸性の液体を垂らすと、青からピンクに変化します。また、バタフライピー(クリトリア)の若いさやも食べることができます。花はフレッシュでもドライでも利用することができます。最近、メディアでバタフライピー(クリトリア)の美容や健康効果が紹介されて、一気に人気になったハーブのひとつです。

▼バタフライピー(クリトリア)の楽しみ方

 

バタフライピー(クリトリア)の種類

バタフライピー(クリトリア)の花は、一重の他八重咲もあります。花色はブルーが一般的ですが、白花種もあります。

 

▼バタフライピー(クリトリア)の詳しい育て方はこちらをどうぞ

バタフライピー(チョウマメ、クリトリア)

  • バタフライピーは、マメ科のつる性のハーブです。原産地では多年草扱いですが、冬の寒さに弱いため、日本では一年草として扱われています。バタフライピーは暑さにはとても強く、真夏でもつるをぐんぐんと生長させ、たくさんの花を咲かせます。 バタフライピーの花の青にはアントシアニンという天然の青い色素が含まれています。お茶として煎じるときれいな青いお茶になります。ハーブのマロウティーと同じく、レモンなどの酸性の液体を垂らすと青からピンクに変化します。また、バタフライピーの若いさやも食べることができます。花はフレッシュでもドライでも利用することができます。 最近、メディアでバタフライピーのの美容や健康効果が紹介されて、一気に人気になったハーブのひとつです。

 

 

LOVEGREEN(ラブグリーン)メールマガジン会員募集中!

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「バタフライピー(クリトリア)の花言葉|種類、特徴、色別の花言葉」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN(ラブグリーン)の編集部アカウントです。育て方の記事や、編集部としての取材記事やオフィシャル情報などを配信。

このライターの記事一覧

『誕生花・花言葉』デイリーアクセスランキング

LOVEGREEN 公式アカウントをフォロー!

  • Instagram
  • Facebook
  • LINE
  • Twitter

関連サービス

LOVEGREEN(ラブグリーン)メールマガジン会員募集中!

植物の悩みならLOVEGREEN(ラブグリーン)のQ&A

ミドラス