バタフライピーとは?育て方、花の特徴や色の仕組み、グリーンカーテンの作り方

金子三保子

金子三保子

このライターの記事一覧

公開日 :

バタフライピーはマメ科のつる性の多年草のハーブ。暑さにとても強く、つるをぐんぐんと生長させるのでグリーンカーテンにすることもできます。暑い夏にたくさんの花を咲かせるバタフライピーの魅力と育て方についてご紹介します。

目次

バタフライピーとは?

植物名:バタフライピー 学名:Clitoria ternatea 科名:マメ科 属名:チョウマメ属 和名:チョウマメ 別名:クリトリア 分類:多年草(日本では一年草扱い)

  • 植物名:バタフライピー
  • 学名:Clitoria ternatea
  • 科名:マメ科
  • 属名:チョウマメ属
  • 和名:チョウマメ
  • 別名:クリトリア
  • 分類:多年草(日本では一年草扱い)

バタフライピーの特徴

バタフライピーは、マメ科のつる性の草花です。原産地では多年草扱いですが、冬の寒さに弱いため、日本では一年草として扱われています。バタフライピーは暑さにはとても強く、真夏でもつるをぐんぐんと生長させ、たくさんの花を咲かせます。澄んだ青い花はとてもきれいです。

バタフライピーの花の青には、アントシアニンという天然の青い色素が含まれ、お茶として煎じるときれいな青いお茶になります。ハーブのマロウティーと同じく、レモンなどの酸性の液体を垂らすと青からピンクに変化します。

バタフライピーの若いさやは、食べることができます。花はフレッシュでもドライでも利用することができます。

目次に戻る≫

グリーンカーテンにもなるバタフライピー

バタフライピーはツル性植物で、1~3mくらいほどに生長します。このツル性であることと、夏の暑さに強いことを生かして、夏のグリーンカーテンとして楽しむこともできます。

バタフライピーはつる性植物で、1~3mくらいほどに生長します。このつる性であることと、夏の暑さに強いことを生かして、夏のグリーンカーテンとして楽しむこともできます!

バタフライピーは葉の色が若緑色で明るい色をしています。そこに毎日青い花が次から次へと開花するので、とても涼やかな雰囲気。ひとつひとつの花は一日花です。

 

東南アジアが原産のバタフライピー。東京の暑さにも勢いが衰えることなくぐんぐんと生長し、花は秋まで楽しむことができます。

東南アジアが原産のバタフライピー。東京の暑さにも勢いが衰えることなくぐんぐんと生長し、花は秋まで楽しむことができます。

目次に戻る≫

バタフライピーの育て方

バタフライピーを育てる場所は、日当たりと風通しの良い場所が向いています。鉢植えでも地植えでも育てることができますが、地植えの方が丈が高くなります。鉢植えでグリーンカーテンにしたい場合は、大きなサイズのプランターを使用しましょう。

バタフライピーを育てる場所

バタフライピーを育てる場所は、日当たりと風通しの良い場所が向いています。鉢植えでも地植えでも育てることができますが、地植えの方が丈が高くなります。鉢植えでグリーンカーテンにしたい場合は、大きなサイズのプランターを使用しましょう。

苗の流通

バタフライピーの苗の流通は、ゴールデンウィーク頃からです。ハーブのコーナー、もしくはグリーンカーテン用の素材コーナーに置かれていることが多いようです。

種まき

バタフライピーは種から育てることもできます。種まきは5月以降が適時です。移植を嫌うので、直まきか、ポット苗に直まきして植え付けまで育てるのが簡単な方法です。

バタフライピーは種から育てることもできます。種まきは5月以降が適時です。移植を嫌うので、直まきか、ポット苗に直まきして植え付けまで育てるのが簡単な方法です。

植え付け

バタフライピーは移植を嫌う性質なので、根を傷つけないようポット苗から優しく抜き取って植え付けます。生長しすぎてしまうとつるが絡まって植え付けしづらいので、早めに植え付けた方がよいでしょう。

植え付け時に用意するもの

バタフライピーは、とても生長力のあるつる性植物です。直立できないので、行燈仕立てにするか、フェンスやトレリスなどに這わせる何かが必要です。伸びたつるは、定期的に誘引して管理していきましょう。

摘芯

バタフライピーの丈が10cm以上になったら、茎の先を摘芯すると、摘んだ下からわき芽が伸びてくるので、これを何度か繰り返し、茎の数を増やし、ボリュームを出していくことによって、たくさん収穫できる株になります。

バタフライピーの花

6月から9月までの長い期間開花します。日によって花が多い日と少ない日があります。バタフライピーの花は一日花なので、花をお茶などに使用したい場合はその日、その日で摘み取っていきます。フレッシュで使いきれない場合は、天日干しで乾燥させると保存可能です。

6月から9月までの長い期間開花します。日によって花が多い日と少ない日があります。バタフライピーの花は一日花なので、花をお茶などに使用したい場合はその日、その日で摘み取っていきます。フレッシュで使いきれない場合は、天日干しで乾燥させると保存可能です。

増やし方

バタフライピーは種で増やすことができます。花のあとに緑のさやができ、その中に種が入っています。

バタフライピーは種で増やすことができます。花のあとに緑のさやができ、その中に種が入っています。

 

種をとりたい場合は、さやが茶色くなってきてから収穫しましょう。

種をとりたい場合は、さやが茶色くなってきてから収穫しましょう。

 

バタフライピーの種

バタフライピーの種

目次に戻る≫

バタフライピーの楽しみ方 | 利用法

バタフライピーは花の他、若いさやも食べることができます。花はハーブティーとして楽しめ、フレッシュでもドライでも利用することができます。

バタフライピーは花の他、若いさやも食べることができます。ハーブティーはフレッシュでもドライでも利用することができます。

バタフライピーの花は、日によって花が多い日と少ない日があります。一日花なので花をお茶などに使用したい場合は、その日、その日で摘み取っていきます。

バタフライピーティー

単体でも癖のないハーブですが、レモングラスなど好みのハーブとのブレンドティーとしても楽しむことができます。

バタフライピーとレモングラスのブレンドティー

とてもきれいな色で癒されます。

 

バタフライピーのハーブティーは、レモンやライムなどのしぼり汁を数滴たらすと、青からピンクに変化します。

バタフライピーのハーブティーは、レモンやライムなどのしぼり汁を数滴たらすと、青からピンクに変化します。

▼バタフライピーティーの作り方や楽しみ方をご紹介しています。

 

バタフライピーティーのアイスキューブ

バタフライピーを使って青いアイスキューブを作ることができます。透明感のある青いアイスキューブは、涼し気でおしゃれなドリンクになるのでおもてなしにおすすめ!

▼バタフライピーのフラワーアイスキューブの作り方と楽しみ方

 

目次に戻る≫

夏の間中、美しい青い花を咲かせてくれるバタフライピーを育ててみませんか?

 

過去のgarden noteはこちらからどうぞ

 

 

▼編集部のおすすめ

バタフライピー(チョウマメ、クリトリア)

  • バタフライピーは、マメ科のつる性のハーブです。原産地では多年草扱いですが、冬の寒さに弱いため、日本では一年草として扱われています。バタフライピーは暑さにはとても強く、真夏でもつるをぐんぐんと生長させ、たくさんの花を咲かせます。 バタフライピーの花の青にはアントシアニンという天然の青い色素が含まれています。お茶として煎じるときれいな青いお茶になります。ハーブのマロウティーと同じく、レモンなどの酸性の液体を垂らすと青からピンクに変化します。また、バタフライピーの若いさやも食べることができます。花はフレッシュでもドライでも利用することができます。 最近、メディアでバタフライピーのの美容や健康効果が紹介されて、一気に人気になったハーブのひとつです。

 

LOVEGREEN(ラブグリーン)メールマガジン会員募集中!

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「バタフライピーとは?育て方、花の特徴や色の仕組み、グリーンカーテンの作り方」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

金子三保子
金子三保子

フラワーコーディネーター、フォトグラファー、ライター。 2022年6月、日東書院本社より「植物のきもち ~がんばりすぎないガーデニング」出版。 ギフトや装花などのフラワーコーディネート、自身でコーディネートした作品の撮影、雑誌や会員情報誌への提案など幅広く活動中。現在は植物に関する記事の執筆にも携わる。庭仕事はライフワーク。映画「余命1ヶ月の花嫁」ブーケ製作。

このライターの記事一覧

LOVEGREEN 公式アカウントをフォロー!

  • Instagram
  • Facebook
  • LINE
  • Twitter

関連サービス

LOVEGREEN(ラブグリーン)メールマガジン会員募集中!

植物の悩みならLOVEGREEN(ラブグリーン)のQ&A

ミドラス