ナンキンハゼの花言葉|種類、特徴、色別の花言葉

LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN編集部

このライターの記事一覧

公開日 :

ナンキンハゼの花言葉や種類、特徴をご紹介。ナンキンハゼは丸い葉で秋の紅葉が美しい落葉高木。

 

ナンキンハゼの花言葉

ナンキンハゼの花言葉

ナンキンハゼの花言葉は「真心」「心が通じる」。

 

ナンキンハゼについて

科・属 トウダイグサ科ナンキンハゼ属
学名 Triadica sebifera
原産地 中国
開花期 6月~7月

 

ナンキンハゼの特徴

ナンキンハゼ

ナンキンハゼは中国が原産の落葉高木。街路樹や庭園の庭木として植栽され、関東より西の地域で多くみかける樹木です。花は、6月~7月頃に枝先に開花します。通常の緑の葉の種類以外に、斑入りの品種もあります。

丸い葉がとてもかわいらしく、青葉も魅力的ですが、秋になると赤~オレンジ~黄色に色づく紅葉は目を見張るものがあります。

 

ナンキンハゼ

ナンキンハゼの紅葉は暖地でもきれいに色づくのが特徴です。

 

ナンキンハゼ 紅葉

紅葉の色あいは、植栽場所によって微妙に違います。同じ場所でも気象や日当たり、温度変化によって、年ごとに違います。

 

ナンキンハゼ 実

ナンキンハゼは、紅葉し始めるころに黒い実がはじけて白い実になり、完全に落葉しても白い実は枝に残ります。白い実だけの状態のものが実つきの枝ものとして流通し、ドライフラワーの花材にも利用されています。

ナンキンハゼはとても生長が早いため、植栽スペースは広い空間が必要です。そのため一般家庭の庭より、どちらかというと街路樹や公園などでよく見かける樹木です。

 

▼ナンキンハゼの詳しい育て方はこちらをどうぞ

ナンキンハゼ

  • ナンキンハゼは中国が原産の落葉高木です。青葉、紅葉、実と四季折々の表情が美しい樹木で、街路樹や庭園の庭木として植栽されています。紅葉し始めるころに黒い実がはじけて白い実になり、しばらく枝に残ります。白い実だけの状態の枝ものとして流通もしており、ドライフラワーとして利用されています。 ナンキンハゼの紅葉は暖地でもきれいに色づくのが特徴で、関東より西の地域で多く植栽されています。とても生長が早いため、植栽スペースは広い空間が必要です。そのため一般家庭の庭より街路樹や公園などでよく見かける樹木です。

 

 

 

LOVEGREEN(ラブグリーン)メールマガジン会員募集中!

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「ナンキンハゼの花言葉|種類、特徴、色別の花言葉」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN(ラブグリーン)の編集部アカウントです。育て方の記事や、編集部としての取材記事やオフィシャル情報などを配信。

このライターの記事一覧

『誕生花・花言葉』デイリーアクセスランキング

LOVEGREEN 公式アカウントをフォロー!

  • Instagram
  • Facebook
  • LINE
  • Twitter

関連サービス

LOVEGREEN(ラブグリーン)メールマガジン会員募集中!

植物の悩みならLOVEGREEN(ラブグリーン)のQ&A

ミドラス