ユスラウメ(梅桃)の花言葉|種類、特徴、色別の花言葉 

LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN編集部

このライターの記事一覧

公開日 :

ユスラウメ(梅桃)の花言葉や種類、特徴をご紹介!ユスラウメ(梅桃)は、春に可愛い花を咲かせて初夏に赤い実をつける樹木。育てやすい家庭果樹としても人気があります。

 

ユスラウメ(梅桃)の花言葉

「ユスラウメ(梅桃)」の花言葉は「郷愁」「輝き」

 

ユスラウメ(梅桃)について

科・属 バラ科・サクラ属
和名 梅桃、梅桜、桜桃、山桜桃梅
英名 downy cherry
学名 Prunus tomentosa
原産地 中国
開花期 3月~4月

 

ユスラウメ(梅桃)の特徴

ユスラウメ(梅桃)の特徴

ユスラウメ(梅桃)は春に梅や桜に似たきれいな花を枝いっぱいに咲かせ、初夏にさくらんぼのような真っ赤な小さい果実(直径1㎝ほど)を実らせる落葉低木。樹高は1m~3mです。熟した果実は生食でき、甘酸っぱい味がしてジャムなどに用いられます。また、ユスラウメ(梅桃)は漢方薬としても使われます。

ユスラウメ(梅桃)は寒さに強く、特に病害虫の心配もありません。剪定は、伸びすぎた枝や不要な枝を切るくらいで強剪定は必要ありません。ユスラウメ(梅桃)は種まきと挿し木などで増やすことができます。丈夫で育てやすいため、庭木としてもおすすめの果樹です。

 

ユスラウメ(梅桃)の花

ユスラウメ(梅桃)の花が梅の花に似ていることや、枝の上部に繁茂して風が吹くと揺れやすいこと、枝を揺さぶって実を落とすことなどからその名が付いたと言われています。また、江戸時代に日本に渡来したときの名「ゆすら」が残り、梅に似ていることをプラスしてユスラウメ(梅桃)になったという説もあります。

ユスラウメ(梅桃)の花言葉「郷愁」は、庭や畑になっていた実を食べた子供の頃のなつかしい思い出のイメージから付けられたと言われています。また、「輝き」という花言葉は、ユスラウメ(梅桃)の実に光沢があって輝くように美しいことが由来とされています。

 

ユスラウメ(梅桃)の種類

ユスラウメ(梅桃)というと赤い実を思い浮かべますが、果実が白いシロミノユスラウメという品種もあります。

また、ユスラウメ(梅桃)によく似たバラ科の仲間にニワウメ(庭梅)があります。見分け方は葉で、ユスラウメ(梅桃)の若い葉は産毛のような毛に覆われていて、ニワウメの葉には毛がありません。ちなみに、ユスラウメ(梅桃)の学名に含まれるtomentosaには、ラテン語で毛深いという意味があります。


▼ユスラウメ(梅桃)の関連記事はこちら


 

LOVEGREEN(ラブグリーン)メールマガジン会員募集中!

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「ユスラウメ(梅桃)の花言葉|種類、特徴、色別の花言葉 」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN(ラブグリーン)の編集部アカウントです。育て方の記事や、編集部としての取材記事やオフィシャル情報などを配信。

このライターの記事一覧

『誕生花・花言葉』デイリーアクセスランキング

LOVEGREEN 公式アカウントをフォロー!

  • Instagram
  • Facebook
  • LINE
  • Twitter

関連サービス

LOVEGREEN(ラブグリーン)メールマガジン会員募集中!

植物の悩みならLOVEGREEN(ラブグリーン)のQ&A

ミドラス