アヤメ(菖蒲・文目)の花言葉|種類、特徴、色別の花言葉 

アバター画像

LOVEGREEN編集部

このライターの記事一覧

公開日 :

アヤメ(菖蒲・文目)の花言葉や種類、特徴をご紹介!アヤメ(菖蒲・文目)は、古くから親しまれてきた初夏に花が咲くアヤメ科の多年草。

 

アヤメ(菖蒲・文目)の花言葉

「アヤメ(菖蒲・文目)」の花言葉は「良い便り」「メッセージ

 

アヤメ(菖蒲・文目)について

科・属 アヤメ科・アヤメ属
和名 菖蒲、文目
英名 Siberian iris
学名 Iris sanguinea
原産地 日本、中国、ヨーロッパなど北半球
開花期 5月~6月頃

 

アヤメ(菖蒲・文目)の特徴

アヤメ

アヤメ

アヤメ(菖蒲・文目)は、初夏に花を咲かせるアヤメ科の多年草。アヤメ(菖蒲・文目)は「いずれアヤメかカキツバタ」の慣用句で知られるように、古くから美しいもの、優れたものの象徴として愛されてきた花です。とても雅やかな雰囲気の花ですが、実は全草に毒成分が含まれています。

 

カキツバタ

カキツバタ

アヤメ(菖蒲・文目)は、カキツバタ(燕子花・杜若)と花がよく似ています。見分け方は、アヤメ(菖蒲・文目)の花は花びらの付け根に網目模様があるのに対して、カキツバタ(燕子花・杜若)は花びらの真ん中に白いすじが入る特徴があります。また、アヤメ(菖蒲・文目)は陸で育つ植物であり、カキツバタ(燕子花・杜若)は池や沼地などで育つ水生植物であることが大きな違いです。

 

アヤメ

アヤメ

アヤメ(菖蒲・文目)の名の由来は、剣状の葉が縦に立ち並ぶ様子を「文目(あやめ)」と見たことからという説や、花の根元の模様が網目であることからなど、様々な説があります。

アヤメ(菖蒲・文目)の花言葉「良い便り」「メッセージ」は、ギリシャ神話にまつわるものと言われています。アヤメ(菖蒲・文目)の学名にも含まれるIrisの由来になった「イリス」が、ギリシャ神話の中で神々の伝令役として優れた役目をはたしたことからそのような花言葉が生まれたそうです。

 

アヤメ(菖蒲・文目)の種類

アヤメ(菖蒲・文目)の主な品種は、花の色が白色の「シロアヤメ」、数多くの色を持ち、花びらが大きくフリルのような形をしている「ジャーマンアイリス(ドイツアヤメ)」、アヤメの品種では珍しく水湿地で生息している「ヒオウギアヤメ」などがあります。

また、アヤメ(菖蒲・文目)と同じアヤメ属にはカキツバタ(燕子花・杜若)やハナショウブ(花菖蒲)があります。ハナショウブ(花菖蒲)の花は、花びらの付け根に黄色のすじが入る特徴があります。

 

▼アヤメ(菖蒲・文目)の詳しい育て方はこちら


▼アヤメ(菖蒲・文目)の関連記事はこちら

 

▼366日誕生花一覧


▼素敵な花言葉一覧

 

LOVEGREEN(ラブグリーン)メールマガジン会員募集中!

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「アヤメ(菖蒲・文目)の花言葉|種類、特徴、色別の花言葉 」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

アバター画像
LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN(ラブグリーン)の編集部アカウントです。育て方の記事や、編集部としての取材記事やオフィシャル情報などを配信。

このライターの記事一覧

『誕生花・花言葉』デイリーアクセスランキング

LOVEGREEN 公式アカウントをフォロー!

  • Instagram
  • Facebook
  • LINE
  • Twitter

関連サービス