アヤメ(文目・あやめ)の育て方|植物図鑑

植物名
アヤメ(文目・あやめ)
学名

Iris sanguinea

英名
Siberian iris
和名
菖蒲、文目
科名
アヤメ科
属名
アヤメ属
原産地
日本、中国、ヨーロッパなど北半球

アヤメ(文目・あやめ)の特徴

アヤメは下に垂れている大きな外花被片と直立している内花被片をそれぞれ3個つけているため、遠くからでも一目で分かるほど特徴的な花です。花の色は紫色か白色ですが、外花被片には網目模様があり、なおかつつけ根は黄色になっています。アヤメの品種の一つであるジャーマンアイリスは、花の色が紫色や白色をはじめ数多くの色を持っており、外花被片と内花被片で色が異なっているものもあります。また花被片そのものも大き目でフリルのような形をしています。シャガという品種は、茎が分かれるため1株で小さめの花を数輪つけるのが特徴的です。

アヤメ(文目・あやめ)の詳細情報

園芸分類 草花
草丈・樹高 ~60cm程度
耐寒性 やや弱い
耐暑性 やや弱い
花色 紫、白
開花時期 5月~6月頃

アヤメの種類・品種

アヤメの主な品種は、花の色が白色の「シロアヤメ」、園芸用として品種改良された「ジャーマンアイリス(ドイツアヤメ)」、やや小ぶりの花で光沢のある葉を持つ「シャガ」、アヤメの品種では珍しく湿地で生息している「ヒオウギアヤメ」が挙げられます。

 

アヤメ、ハナショウブ、カキツバタの見分け方

「いずれ菖蒲か杜若」という慣用句があります。これは、アヤメとカキツバタが似ていることから優劣が付けにくい、といった意味の言葉です。確かにアヤメとカキツバタとハナショウブは、一見同じ花に見えるくらい似ています。これらの見分け方は、まず生息地を確認します。陸地に生えているものはアヤメで、水辺や湿地に生えているものはカキツバタかハナショウブです。次に花弁のつけ根を見ます。つけ根が白色のものはカキツバタ、黄色ならハナショウブ、という風に見分けましょう。

 

動物を飼っている人は要注意!

咲いていると雅やかな雰囲気を与えてくれるアヤメですが、実はアヤメの全草にはイリジェニン、イリジン、テクトリジンといった毒成分が含まれています。もし庭に動物を飼っていましたら、誤って動物が食べないようにアヤメの周りに柵などを設置した方が良いでしょう。

育て方を見る >>

  • 監修者:LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部アカウントです。編集部のスタッフが監修をしています。
監修している植物一覧を見る

人気の植物ランキング