カモミール(カミツレ)の花言葉|種類、特徴、色別の花言葉

LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN編集部

公開日 :

logo getty

カモミール(カミツレ)は白×黄色の花でリンゴの香りの「マザーズハーブ(母の薬草)」。カモミール(カミツレ)の花言葉と種類についてご紹介。

 

カモミール(カミツレ)の花言葉

「カモミール(カミツレ)」の花言葉は「逆境に耐える」「苦難の中の力」。

カモミール(カミツレ)の明確な色別や種類別の花言葉はつけられていません。

 

カモミール(カミツレ)について

科・属  イネ科・シカギク属、ローマンカミツレ属
和名  加密列
英名  Chamomile
学名  Matricaria chamomilla
原産地  ヨーロッパから西アジア
開花期  3月~8月

 

カモミール(カミツレ)の特徴

カモミール(カミツレ)はキク科の耐寒性の一年草で、古くから薬草として重宝されてきました。その効能は多岐に渡り、植物のお医者さんとも言われています。

カモミール(カミツレ)の花は白と黄色の色あいの小さな花ですが、その効用は様々で、ハーブティー、アロマグッズ、ハンドクリーム、入浴剤など幅広く暮らしのなかに取りいれられています。

 

カモミール(カミツレ)の種類

カモミールはジャーマンカモミール(ジャーマン種)とローマンカモミール(ローマン種)の2つに分けられます。

ジャーマン種とローマン種の違い

ジャーマンカモミールが一年草で小型、ローマンカモミールは多年草で大型です。見た目にはあまり違いはないですが、ジャーマンカモミールは花の中央の黄色い部分に少し盛り上がりが見られます。

カモミール(カミツレ)の花はハーブティーなどでよく使われていて、さっぱりとして飲みやすいのがジャーマン種です。ローマン種は甘い香りが強く、ハーブティーにすると苦味が出てしまいますが、エッセンシャルオイルや入浴剤によく使われています。また、ローマンカモミールは香りの芝として、グランドカバーにも利用されています。

▼カモミール(カミツレ)の育て方など詳しい情報はこちら

カモミール(カミツレ)

  • 「カモミール」は、地中海沿岸原産のハーブの一種です。現在では世界中に帰化しています。花や葉を乾燥させお茶にしたり薬用として昔から使われています。育て方は苗と種がありますが、比較的育てやすいため種から育てるのもおすすめです。 ハーブティーにする場合は、飲みやすいジャーマン種をおすすめします。甘い香りは林檎にも似ており、品種は一年草の「ジャーマンカモミール」と、多年草の「ローマンカモミール」があります。花はデイジーのような白い小花を咲かせます。

    カモミールは地植えでも鉢植えでも育てる事ができます。地植えにするとこぼれ種で増えていくので群生するカモミールの美しい光景が見られます。

▼カモミール(カミツレ)の関連記事

▼関連ワード

「カモミール(カミツレ)の花言葉|種類、特徴、色別の花言葉」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

LINE@
LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN(ラブグリーン)の編集部アカウントです。育て方の記事や、編集部としての取材記事やオフィシャル情報などを配信。

おすすめ