カモミール(カミツレ)の育て方・栽培|植物図鑑

植物名
カモミール(カミツレ)
学名

Matricaria chamomilla(ジャーマンカモミール)、Anthemis nobilis(ローマンカモミール)

英名
Chamomile
和名
加密列(カミツレ)
別名・流通名
カモマイル
科名
キク科
属名
シカギク属、ローマンカミツレ属
原産地
地中海沿岸

カモミール(カミツレ)の特徴

「カモミール」は、地中海沿岸原産のハーブの一種です。現在では世界中に帰化しています。花や葉を乾燥させお茶にしたり薬用として昔から使われています。育て方は苗と種がありますが、比較的育てやすいため種から育てるのもおすすめです。 ハーブティーにする場合は、飲みやすいジャーマン種をおすすめします。甘い香りは林檎にも似ており、品種は一年草の「ジャーマンカモミール」と、多年草の「ローマンカモミール」があります。花はデイジーのような白い小花を咲かせます。

カモミールは地植えでも鉢植えでも育てる事ができます。地植えにするとこぼれ種で増えていくので群生するカモミールの美しい光景が見られます。

カモミール(カミツレ)の詳細情報

園芸分類 ハーブ
草丈・樹高 20cm~60cm程度
耐寒性 やや強い
耐暑性 弱い
花色
開花時期 5~9月(真夏は休む)

カモミール(カミツレ)の種類

ジャーマンカモミール

一年草で草丈50cm程になります。地植えにするとこぼれ種で良く増えます。白い花びらのデイジーのような小花を咲かせます。

ローマンカモミール

ローマンカミツレ属の多年草です。草丈は20~30㎝程度です。ジャーマンカモミールと同じく、白い花びらのデイジーのような小花を咲かせます。花だけでなく葉や茎にも香りがあり、踏んで歩くと香りが広がります。踏まれても枯れない強健種です。多年草で草丈もジャーマンカモミールより低いのでグランドカバーとしても利用されるます。

カモミールには多年草のローマンカモミールと一年草のジャーマンカモミールがあり、多年草のローマンカモミールは、強健でグランドカバーにも向くほどです。カモミールは葉にも花にも香りがあり、畑の畔などに植えておくと、踏むたびに甘い香りが楽しめます。

カモミールの花は、ローマンカモミールもジャーマンカモミールもよく似ているので、花の見た目だけで区別するのは難しいです。カモミールを自宅で育てるであれば、購入時に多年草か一年草かを確認しましょう。

育て方を見る >>

  • 監修者:LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部アカウントです。編集部のスタッフが監修をしています。
監修している植物一覧を見る

人気の植物ランキング