12月29日の誕生花|ホオズキ(鬼灯)

LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN編集部

このライターの記事一覧

公開日 :

logo getty

12月29日の誕生花は「ホオズキ(鬼灯)」です。「ホオズキ(鬼灯)」について、花言葉や基本情報、色別の花言葉、豆知識など気になる情報をご紹介!

 

12月29日の誕生花

12月29日の誕生花は「ホオズキ(鬼灯)」。

「ホオズキ(鬼灯)」の花言葉は「自然美」「心の平安」。

 

ホオズキについて

科・属 ナス科 ・ホオズキ属
和名  鬼灯
英名  Chinese lantern plant
学名  Physalis alkekengi
原産地  東アジア
開花期  6月~7月

 

ホオズキ(鬼灯)の特徴

ホオズキ(鬼灯、酸漿)は、ナス科ホオズキ属の多年草で、草丈は60cmから80cm位になります。初夏から夏にかけて優しいクリーム色の小さな花が咲きます。ホオズキの特徴的な提灯のように見えるオレンジ色の袋の中には、丸い赤い実が一つ入っていて、お盆頃に赤色になっていきます。萼(がく)が大きく発達して、提灯のような形になるようです。この提灯のような袋の中にある赤い実の中には、多くの種子が入っています。

 

ホオズキ(鬼灯)の種類

ホオズキ(鬼灯)は観賞用となるホオズキと食用となるホオズキの2種類に大きく分けられます。観賞用ホオズキは実を包む袋も実もきれいな赤・濃いオレンジ色というイメージがあると思いますが、食用のホオズキは黄色い実です。実が完熟するまで育てるので、まわりの袋は枯れたように退色していうものが一般的です。

▼ホオズキ(鬼灯)の育て方など詳しい情報はこちら

ほおずき(鬼灯・ホオズキ)

  • ほおずき(鬼灯・ホオズキ)は、ナス科ホオズキ属の多年草です。初夏に淡いクリーム色の花を咲かせますが、あまり目立ちません。それよりもほおずき(鬼灯・ホオズキ)と言えば、夏にオレンジ色に色づく提灯のような果実が有名です。外側の提灯のようなオレンジ色の袋状の部分は、ほおずき(鬼灯・ホオズキ)のガクが生長したものです。この中にミニトマトによく似た果実が1粒入っています。

    ほおずき(鬼灯・ホオズキ)はその形状が提灯を想起させることから、お盆時期に先祖の霊を案内する灯りとして、お盆飾りに欠かせない植物の一つとなっています。毎年7月には東京の浅草寺でほおずき市が開催され、多くの人で賑わいます。お盆の時期ということもあり、お盆飾りとしてほおずき(鬼灯・ホオズキ)を求めにくる人も多くいるようです。

    他にもほおずき(鬼灯・ホオズキ)にはたくさんの楽しみ方があります。中のミニトマトのような果実の果肉を上手に取り出し、残った果皮を舌の上で鳴らす遊びや、ほおずき(鬼灯・ホオズキ)のガクを溶かして葉脈だけにしたものを透かしほおずき(鬼灯・ホオズキ)と呼び、眺めて楽しむ遊びなどがあります。

    また、食用ほおずき(鬼灯・ホオズキ)と言って、食用になる品種もあります。

庭リノベの無料相談、お見積はMIDOLAS

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「12月29日の誕生花|ホオズキ(鬼灯)」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN(ラブグリーン)の編集部アカウントです。育て方の記事や、編集部としての取材記事やオフィシャル情報などを配信。

このライターの記事一覧

おすすめ商品

【送料無料】ベゴニア 原種 マクラータワイティ

販売価格:5,280円(税込)

【送料無料】底面給水機能付き フィカス・ベンガレンシス6号鉢

販売価格:8,800円(税込)

ベーシックエプロン VOIRY STORE

販売価格:4,950円(税込)

『誕生花・花言葉』デイリーアクセスランキング

SPECIAL

おすすめ