家庭菜園特集

10月5日の誕生花|コスモス(秋桜)

LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN編集部

公開日 :

10月5日の誕生花は「コスモス(秋)」です。「コスモス(秋)」について、花言葉や基本情報、色別の花言葉、豆知識など気になる情報をご紹介!

 

10月5日の誕生花

10月5日の誕生花は「コスモス(秋)」。

「コスモス(秋)」の花言葉は「調和」「乙女の純真」。

白のコスモスの花言葉は「優美」「美麗」。

赤のコスモスの花言葉は「乙女の愛情」。

ピンクのコスモスの花言葉は「乙女の純潔」。 

黄のコスモスの花言葉は「野生の美しさ 」。

茶のコスモスの花言葉は「恋の終わり」。

 

コスモス(秋)について

科・属  キク科・コスモス属
和名  秋桜
英名  Cosmos
学名  Cosmos bipinnatus
原産地  メキシコ
開花期  6月~10月

 

コスモス(秋)の特徴

秋の花として有名なコスモス(秋)ですが、開花時期は6月からのものもあり夏にも花を咲かせます。ある一定の環境さえ整えば自生するのは簡単な為、日本全国に花を咲かせています。コスモス(秋)の葉は小さく細かいものが、枝分かれして生えてきます。茎の先端に付ける花は直径5cm程。中央は黄色く、周りの花はピンク、赤、白と可愛らしい印象の花びらを付けます。最近のコスモス(秋)は、八重咲き、花びらが筒状になったストロー咲き、花弁の縁が色づいた品種など色や咲き方も多様です。

コスモス(秋)の花名「cosmos」の由来は、スペイン人がメキシコから持ち帰ったことが始まりで、美しいという意味のギリシャ語「kosmos」に由来します。このことから、星がきれいに美しくそろう宇宙のことを「cosmos」と呼び、また、花びらが整然と並ぶこの花も「cosmos」と呼ぶようになったと言われています。

 

コスモス(秋)の種類

コスモス(秋)といえば薄いピンク色のものが一般的だと思いますが、実はとてもたくさんの種類があり、咲く時期も品種によって異なります。

サニーレッド(キバナコスモス)

キバナコスモスは、コスモスと同じく熱帯アメリカ原産の植物で、暑さに強いです。黄色は光、希望、明日を象徴する色なので、前向きでたくましいイメージを想起させますね。サニーレッドという名前もピッタリです。

ダブルクリック

珍しい八重咲き品種のコスモス。ダリアのようにも見えますが、れっきとしたコスモスの一種です。

チョコレートコスモス

その名の通り、花からほのかにチョコレートの香りがするコスモスです。黒いコスモスは最近は園芸店でも見かけるようになりましたよね。

 

と書いて「コスモス」

日本では秋にのように群生して咲くことから、秋(あきざくら)と呼ばれていた、という説と、花びらの形がコスモスに似ているからこう呼ばれている、という説があります。明治12年に日本に渡来した時に「秋に咲くのような花」という意味で「アキザクラ(秋)」という名前になったそうです。

 

見た目に反して強いコスモス(秋)

コスモス(秋)の葉は線のように細く、繊細に見えますが、台風などで倒されてしまっても茎の途中から根を出し、また立ち上がって花をつけるほど強い植物です。外来の植物は強いものが多いですが、コスモス(秋)もこのうちのひとつですね。

ただ、庭で育てるコスモス(秋)は、背が高くなってきたらしっかりと支柱を立ててあげましょう。放っておくと、倒れて変な場所から根が出て、見栄えが悪くなってしまうことがあります。たくさん密集している場合は、紐を張るだけでも十分対策になるので、しっかりと強風に備えましょう。

▼コスモス(秋)の育て方など詳しい情報はこちら

コスモス(秋桜)

  • 秋の花として有名なコスモスですが、開花時期は6月からのものもあり夏にも花を咲かせます。コスモスはある一定の環境さえ整えば自生するのは簡単な為、日本全国に花を咲かせています。葉は小さく細かいものが、枝分かれして生えてきます。茎の先端に付ける花は直径5cm程。中央は黄色く、周りの花はピンク、赤、白と可愛らしい印象の花びらを付けます。最近のコスモスは、八重咲、花弁が筒状になったストロー咲き、花弁の縁が色づいた品種など色や咲き方も多様です。

▼コスモス(秋)の関連記事

関連ワード

「10月5日の誕生花|コスモス(秋桜)」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN(ラブグリーン)の編集部アカウントです。育て方の記事や、編集部としての取材記事やオフィシャル情報などを配信。

『誕生花・花言葉』デイリーアクセスランキング

おすすめ