コスモス(秋桜)の育て方|植物図鑑

植物名
コスモス(秋桜)
学名

Cosmos bipinnatus

英名
Cosmos
和名
秋桜
科名
キク科
属名
コスモス属
原産地
メキシコ

コスモス(秋桜)の特徴

コスモス(秋桜)は茎が繊細で風に揺れるように咲く草花です。秋空の中でそよそよと風に揺れながら咲くコスモス(秋桜)は、群生させると見事な光景になります。

秋の花として有名なコスモス(秋桜)ですが、開花時期は6月からのものもあり夏にも花を咲かせます。コスモス(秋桜)はある一定の環境さえ整えば簡単に自生するため、日本全国で夏ごろから花が咲き始めます。

コスモス(秋桜)の花はピンクをはじめ、赤、白、黄色など色合いが豊富です。最近では複色のコスモス(秋桜)も登場しています。咲き方も八重咲、花弁が筒状になったストロー咲きなど多様です。

コスモス(秋桜)の詳細情報

園芸分類 草花
草丈・樹高 40~120cm
耐寒性 強い
耐暑性 弱い
花色 ピンク、白、赤、黄、複色
開花時期 6月~11月

コスモス(秋桜)の育て方カレンダー

時期 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
種まき
植え付け
植え替え
肥料
開花

コスモス(秋桜)の栽培環境

日当たり・置き場所

コスモス(秋桜)は日本の秋の花のイメージですが、原産国はメキシコです。日当たりの良い所、水はけが良い場所を好みます。日陰ではなく日向で管理をしましょう。大きく育ち根も張りますので、植え付け場所は地植えか大きめのプランターが向いています。

温度

コスモス(秋桜)の発芽温度は20℃前後です。

用土

コスモス(秋桜)は、土質を選びません。花用の培養土で問題なく育ちます。

コスモス(秋桜)の育て方のポイント

水やり

地植えのコスモス(秋桜)は、根付いてからの水やりは必要ありません。鉢植えでコスモス(秋桜)を育てる場合のみ水やりを行います。土の表面が乾いたら、鉢底から水が流れるくらいたっぷりと与えましょう。

コスモス(秋桜)は、湿気が苦手なため、ジメジメとした環境だと根腐れを起こします。常に土が湿った状態にならないようにしましょう。

肥料

地植えのコスモス(秋桜)は、肥料は控えめにします。鉢植えのコスモス(秋桜)は、花用の肥料を説明に書いてある頻度で追肥します。

病害虫

花が特にたくさん咲く9月~10月と、雨が続く時期にうどんこ病が発生しやすくなります。白い粉の様なものが葉などに発生し生長を妨げます。日当たりがよく、風通しがよい環境で育てましょう。

コスモス(秋桜)の詳しい育て方

選び方

コスモス(秋桜)の苗は、夏~秋に出回ります。葉っぱが生き生きとして、つぼみがたくさんついた苗を選びましょう。

種まき

コスモス(秋桜)は、発芽温度が20℃前後なので自然の状況下で種まきをする場合は4月以降が適当です。

種をまいたら薄く土を被せ、最初は水をたっぷり与えます。花壇に直まきする場合は3、4粒ずつ、20cm前後の間隔でまきましょう。

コスモス(秋桜)は、発芽から開花まで2~3か月を要するので、咲かせたい時期を逆算してまきます。例えば8月に咲かせたいのであれば5月頃、10月ならば8月に種をまくと理想の時期に花を咲かせることができます。

植え付け

種から育てたコスモス(秋桜)は、発芽後、茎が10~15センチ程度になったら、植え付けます。

秋に流通するコスモス(秋桜)の苗は、たくさんの花が開花した状態の苗や鉢ものがほとんどです。小さなポット苗や鉢に植えられているので、必ず1~2回り大きな鉢に植え替えをして土を増やしてやると長く花を楽しむことができます。

剪定・切り戻し

コスモス(秋桜)の丈が高くなりすぎた場合は、思い切って好きな高さで切ると、高さを押さえられるだけでなく、脇芽が分枝してバランスのいい株に仕上がります。1本の所が脇芽が伸びて2本になり、2本伸びた箇所の先端をカットして4本に、と何回か行う事によって芽数を増やすことができます。コスモス(秋桜)の花は芽の先端に付くので必然的に花数を増やせます

植え替え・鉢替え

コスモス(秋桜)は一年草なので、植え替えの必要はありません。

コスモス(秋桜)の花は、6月~11月、休みなく開花します。

収穫

コスモス(秋桜)の花は切り花にもできます。最近では様々な種類のコスモス(秋桜)の切り花が夏~秋まで流通しています。

夏越し

コスモス(秋桜)は夏から秋の花のため、特に夏越しの必要はありません。季節的に台風など、風が強い日も多いので、丈の高い品種は支柱などで倒壊防止をしておくとよいでしょう。

冬越し

コスモス(秋桜)は秋で終わる一年草のため、冬越しの必要はありません。

増やし方(株分け、挿し木、葉挿しなど)

コスモス(秋桜)は種で増やすことができます。終った花を摘んだ方が、花を長く沢山咲かせることができますが、種を採りたい場合は、終わった花をそのままにしておきます。

  • 監修者:LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部アカウントです。編集部のスタッフが監修をしています。
監修している植物一覧を見る

人気の植物ランキング