アジアンタムの育て方|植物図鑑

植物名
アジアンタム
学名
Adiantum
英名
Adiantum
科名
イノモトソウ科
属名
ホウライシダ属
原産地
種によって異なる

アジアンタムの特徴

アジアンタムはイノモトソウ科の多年草です。シダの仲間で、葉が透けるように薄い植物です。そのため葉が乾燥しやすく、育てるときは葉水が重要になります。

アジアンタムの詳細情報

園芸分類 シダ・コケ
草丈・樹高 ~1m
耐寒性 やや弱い
耐暑性 強い
  • 監修者:LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部アカウントです。編集部のスタッフが監修をしています。
監修している植物一覧を見る

アジアンタムの育て方カレンダー

時期 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
植え付け
植え替え
増やし方
肥料

アジアンタムの日常のお手入れ

日当たり・置き場所

直射日光の当たらない明るい室内で管理しましょう。春から夏場は戸外の明るい半日陰でもいいと思います。

水やり

乾燥に弱く、多湿を好む植物です。シダの仲間なので、多湿を好みます。葉水をたくさん与えましょう。

肥料

活発的な春から秋の時期に月に2回ほど液体肥料を与えます。濃すぎたり、量を与えすぎると値を傷めてしまうので注意しましょう。

病害虫

ナメクジやカタツムリがつきやすいです。注意しましょう。

アジアンタムの選び方

買う時の選び方

葉がキレイで、ピンとしているものを選びましょう。また、株もとがしっかりしているもの。葉が黄ばんでいるものや茶色いもの、全体的にくたっとしているものやだらんとしてしまっているものは避けましょう。

用土

水はけの良い土を使用します。市販の観葉植物の土を使用するときは、川砂を1割ほど混ぜて水はけの良い土をつくりましょう。

アジアンタムの季節の管理

植え替え

大きさや品種により異なりますが、2年に一度くらいが目安です。

増やし方(株分け、挿し木、葉挿しなど)

アジアンタムは株分けで増やすことができます。大きくなった株は、株分けをしてそのまま植え替えをしましょう。

肥料

活発的な春から秋の時期に月に2回ほど液体肥料を与えましょう。濃すぎたり、量を与えすぎると値を傷めてしまうので注意しましょう。

夏越し

暑さには弱くない植物です。

冬越し

寒さにはあまり強くありません。室内で育てましょう。

  • 監修者:LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部アカウントです。編集部のスタッフが監修をしています。
監修している植物一覧を見る

人気の植物ランキング