フジバカマ(藤袴)の育て方|植物図鑑

植物名
フジバカマ(藤袴)
学名

Eupatorium fortunei

英名
Thoroughwort
和名
藤袴
科名
キク科
属名
ヒヨドリバナ属
原産地
東アジア

フジバカマ(藤袴)の特徴

東アジア原産の藤袴。勿論日本でも自生しておりその存在は万葉集、源氏物語にも示されている通りです。しかし、現在では日本の環境も変わり藤袴が生息するには良い環境とは言えなくなってしまいました。数は激減し、日本で自生していた藤袴も今では絶滅危惧種に指定されています。藤袴の花は小さく細長いものが茎の先端に密集するようにしてついています。その直径は一センチにも満たないのです。細長く密集しているので、その咲き方はまるで線香花火の様にも見えます。縦に長く成長する藤袴。50cm程の草丈になります。もっと大きく成長すると1mを優に超えます。

フジバカマ(藤袴)の詳細情報

園芸分類 草花
草丈・樹高 50cm~1m程度
耐寒性 弱い
耐暑性 強い
花色 薄ピンク
開花時期 8月~10月頃

藤袴の種類・品種

藤袴の花色は白がほとんどですが、中にはピンクや薄紫のものも存在します。また、通常の開花は夏ですが、秋に開花する品種もあります。「サワヒヨドリ」などがそうです。こちらは紫色の花をつけるのが特徴。また、「ハマサワヒヨドリ」も秋に花を咲かせます。藤袴、サワヒヨドリ等と比べると草丈が低く、30㎝前後までしか成長しません。

文学に現れる藤袴

藤袴は遥か昔から日本に存在していました。その証拠に、日本最古の和歌集と言われる「万葉集」に藤袴の歌が掲載されているのです。秋の七草を呼んだ歌。いかに生活の近くに藤袴が生息していたかがわかりますね。また与謝野晶子が訳しその物語の面白さから今日まで日本で読み継がれている物語「源氏物語」にも藤袴が登場しています。これは源氏物語中の作品名として使用されています。勿論作中でも想い人に求愛するために藤袴を使用する様子が描かれていますよ。文学を通して見えてくる藤袴も美しいですね。

乾燥させると良い匂い・藤袴

藤袴の魅力は花が枯れた後にもあるのです!花が咲いている間はその美しさを目で楽しませてくれますが、枯れた後は花で楽しませてくれます。実は藤袴は、枯れて乾燥させるととても良い匂いを生成するのです。乾燥させてからでないと発しない匂いがあり、これが桜餅に似た爽やかで甘い匂いなのです。なので、藤袴が枯れてもドライフラワーを作り二度楽しむ人もいらっしゃるのです。また、乾燥させた藤袴を小さく砕き、袋に入れるとあっという間に匂い袋に。良い匂いを持ち歩けるのは気分が向上しますね。

育て方を見る >>

  • 監修者:LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部アカウントです。編集部のスタッフが監修をしています。
監修している植物一覧を見る

人気の植物ランキング