イベリスの育て方|植物図鑑

植物名
イベリス
学名

lberis

英名
candytuft
和名
トキワナズナ、マガリバナ
別名・流通名
キャンディタフト
科名
アブラナ科
属名
イベリス属
原産地
ヨーロッパ、北アフリカ

イベリスの特徴

イベリスの開花期は春、たくさんの小花を咲かせるアブラナ科の草花です。イベリスは一年草と多年草の品種があり、花丈も60cm前後くらいになるもの、グランドカバーなどの用途に使える丈の低い品種と多様です。イベリスの花色は白の他、ピンク系や紫系もあります。花丈が高くなる一年草のイベリス・ウンベラータ(別名キャンディタフト)は、切り花としても流通しています。

イベリスの詳細情報

園芸分類 草花
草丈・樹高 20~60cm
耐寒性 強い
耐暑性 強い(多年草種)
花色 白、ピンク系濃淡、紫
開花時期 4~6月

イベリス(キャンディタフト)の品種

イベリス・センペルヴィレンス(Iberis sempervirens)

多年草でグランドカバーとして利用できるタイプのイベリスです。日当たりさえ確保できれば、植えっぱなしで年々花が見事になります。花が終わって切り戻した後の葉だけの状態も美しいので、オールシーズン観賞価値があります。

イベリス・アマラ(Iberis amara)

花色は白。草丈は高性種、矮性種ともにあり、花穂が大きくボリュームもある花です。芳香性もある一年草です。

イベリス・オドラータ(ニオイナズナ)(Iberis odorata)

こちらも白い花。アマラよりも花の香りが強い小型の一年草です。

イベリス・ウンベラータ(Iberis umbellata)

キャンディタフトと言われているイベリスです。花色は白、赤、ピンク、藤色と豊富なバリエーションです。草丈は60cm近くになるためフラワーアレンジメントにも利用できる一年草のイベリスです。切り花としても流通しています。

育て方を見る >>

  • 監修者:LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部アカウントです。編集部のスタッフが監修をしています。
監修している植物一覧を見る

人気の植物ランキング