クレオメの育て方|植物図鑑

植物名
クレオメ
学名

Cleome hassleriana

英名
spider flower
和名
西洋風蝶草(セイヨウフウチョウソウ)
科名
フウチョウソウ科
属名
クレオメ属
原産地
熱帯アフリカ

クレオメの特徴

クレオメは、蝶が舞っているような花を咲かせる非耐寒性一年草。太くて長い雌しべと、さらに長い雄しべが特徴的です。クレオメの花ひとつひとつの寿命は短いですが、毎日先端に向かって咲き進み、新しい花が開くので長い間楽しむことができます。暑さに強く、こぼれ種でも増え、丈夫で育てやすい草花です。

クレオメの花が蝶が飛んでいる姿に見えることから、クレオメの和名は「西洋風蝶草(セイヨウフウチョウソウ)」とつけられています。別名として「酔蝶花(スイチョウカ)」とも呼ばれますが、それはクレオメの花が蕾のときは濃いピンク色で、咲き進むにつれてだんだん白っぽく変化する様子を酔った蝶に見立てたことからついたそうです。

さらに、クレオメは英名では「Spider flower」と呼ばれています。それは「蜘蛛の花」を意味し、長い雄しべが細く長い蜘蛛の足に似ていることが由来とされています。

従来のクレオメは、トゲがあることや、茎に触るとべたべたしたり、独特な香りが気になったり、こぼれ種で繁殖しすぎるなど、気になる点があったのですが、そんなマイナス面を改良した品種も登場しています。

 

クレオメの詳細情報

園芸分類 草花
草丈・樹高 60~120cm
耐寒性 弱い
耐暑性 強い
花色 白、ピンク、紫
開花時期 6月~10月頃(品種による)

クレオメの種類

クレオメ’セニョリータブランカ’

花色は白。トゲがなく、ベタベタしない、臭くないクレオメ。種がつかず、庭で勝手に繁殖しません。暑さや乾燥に強く、分枝が良くたくさんの枝から連続開花します。花期は4月~11月頃。

クレオメ’セニョリーカロリーナ’

セニョリータブランカの色違い。花色はピンクです。

クレオメの育て方カレンダー

時期 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
開花
植え付け
肥料

クレオメの栽培環境

日当たり・置き場所

クレオメは、日当たりの良い場所を好みます。

用土

排水性、通気性に富み、適度な保水性のある土を好みます。市販の草花用培養土で問題なく育ちます。

クレオメの育て方のポイント

水やり

土が乾いたらたっぷり水やりをしましょう。

肥料

クレオメは花期が長いので、元肥を混ぜて植え付けした後、適宜追肥すると状態良く育ちます。

病害虫

クレオメには、ハダニやオンシツコナジラミが発生することがあります。

ともに風通しが悪いと発生しやすいので、なるべく風通し良く管理し、水やりの際に葉の裏側にもシャワーで水をかけるようにしましょう。

クレオメの詳しい育て方

選び方

クレオメの苗は、葉がイキイキとして蕾が多く、葉に害虫がいない、株元にぐらつきがないものを選びましょう。

植え付け

植え付け適期は5月頃。暑くなる前にしっかり根付いていることが理想的です。

剪定・切り戻し

クレオメは、咲き終わった花は自然に落ち、さらに伸びた茎の先に新しい花が咲く、セルフクリーニング性が高い花です。基本的には、特に剪定しなくても美しい状態が保てます。気になる花がらは取り除きましょう。

クレオメは太くて長い雌しべと、さらに長い雄しべが特徴的な、まるで蝶が舞っているような花が咲きます。

夏越し

クレオメは暑さに強いので、特別な夏越し対策は必要ありません。

冬越し

クレオメは寒さに弱い一年草です。寒くなったら枯れてしまうので、寒さに強い草花に植え替えましょう。

増やし方(株分け、挿し木、葉挿しなど)

種まきで増やすことができます。

  • 監修者:LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部アカウントです。編集部のスタッフが監修をしています。
監修している植物一覧を見る
植物の悩みならLOVEGREEN(ラブグリーン)のQ&A

人気の植物ランキング