テマリソウの育て方|植物図鑑

植物名
テマリソウ
学名

Dianthus barbatus

和名
手毬草
科名
ナデシコ科
属名
ナデシコ属
原産地
ヨーロッパ

テマリソウの特徴

テマリソウは、緑色のマリモに似た形の花(総苞)をもつ耐寒性多年草。花に見えるボール状の部分は総苞です。テマリソウは美女ナデシコの改良品種で、花弁が出ず緑の総苞が丸いボール状になります。緑のポンポンのような可愛い総苞は長い期間鑑賞することができ、切り花によく使われます。以前は切り花としての流通のみでしたが、苗としての販売も行われるようになりました。ユニークな形と爽やかな色が人気で、庭植えや鉢植え、寄せ植えやハンギングバスケットなどに用いられます。

テマリソウは、日当たりと水はけの良い場所を好みます。花がらを摘んで軽くピンチしながら育てると、枝数が増えてこんもり生長し、たくさんの花が咲きます。テマリソウは四季咲き性があり、夏越しが上手にできれば、春から晩秋まで花を楽しむことができます。

テマリソウは梅雨や夏の高温多湿に弱いので、夏は切り戻しをして半日陰の涼しい場所に置き、風通し良く管理して休ませましょう。寒さには強いので、根が凍ってしまわなければ春に再び勢いよく芽吹きます。植え付けてから2年目になると草丈も高くなり、切り花として飾りやすくなります。

▼テマリソウを使った寄せ植えはこちら

テマリソウの詳細情報

園芸分類 草花
草丈・樹高 30cm~60cm
耐寒性 強い
耐暑性 弱い
花色
開花時期 5月~10月

テマリソウの育て方カレンダー

時期 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
開花
植え付け、植え替え
切り戻し
肥料
挿し木

テマリソウの栽培環境

日当たり・置き場所

テマリソウは、日当たりと水はけの良い場所を好みます。高温多湿が苦手なので、梅雨や真夏は涼しくて半日陰になるような場所が適しています。

用土

鉢植えのテマリソウは、市販の草花用の培養土で問題なく育ちます。

テマリソウを庭植えにする場合は、植え付ける場所を耕し、腐葉土や元肥を混ぜ込んでから植え付けましょう。

テマリソウの育て方のポイント

日常の管理

テマリソウは咲き終わった花がらを摘み、軽くピンチしながら育てます。そうすることで枝数が増えてこんもり生長し、次々と花が咲きます。

水やり

テマリソウは、乾燥に強く、過湿に弱い性質があります。表面の土が乾いてから水を与えましょう。

真夏の水やりは日中に行うと株が蒸れてしまうので、早朝か夕方以降の涼しい時間帯に行います。

肥料

テマリソウは、それほどたくさんの肥料は必要としません。植え付け時に元肥を施し、春と秋に適量追肥を行いましょう。

病害虫

テマリソウに発生しやすい虫はアブラムシです。見つけたらすぐに対処します。

テマリソウの詳しい育て方

選び方

テマリソウの苗は、枝数が多く、緑色の花(総苞)や葉がイキイキとしてるものを選びます。下葉が枯れているものや、株元がぐらついているもの、ひょろひょろと徒長している株はあまりおすすめしません。

植え付け

テマリソウの植え付け適期は、春か秋です。高温多湿が苦手で、寒さに強い性質があるので、どちらかというと秋の植え付けが適しています。春に植え付けする場合は、夏越しを上手に行うことで秋にまた花を楽しむことができます。

剪定・切り戻し

テマリソウは暑くなる頃に切り戻しを行い、風通しの良い状態で休ませます。なるべく涼しい半日陰の場所に置いて管理しましょう。

植え替え・鉢替え

鉢植えのテマリソウは、1~2年に1度、1~2回り大きな鉢に植え替えます。植え替え適期は春か秋です。

テマリソウは、春から秋にマリモに似た緑色のポンポンのような花(総苞)をつけます。高温多湿が苦手なので、夏はいったん花を休みます。

夏越し

テマリソウは高温多湿が苦手なので、暑くなる頃に切り戻しを行い、なるべく涼しい半日陰で休ませましょう。乾かし気味に水やりを続け、秋になったら日なたに移動させて追肥すると再び花を楽しめます。

冬越し

テマリソウは寒さに強い性質ですが、凍ると根が傷みます。鉢植えは北風が直接当たらない軒下に移動させるなど工夫が必要です。庭植えのテマリソウは、マルチングを行って強い霜に当たらないように管理しましょう。

増やし方(株分け、挿し木、葉挿しなど)

テマリソウは、挿し木で増やせます。挿し木の適期は春か秋です。新しい芽を上から5~10cmくらいの長さでカットし、下の方の葉を取り、水揚げしてから挿し木用の清潔な土に挿します。半日陰に置いて根付くまで乾かさないように水やりを続けます。

  • 監修者:LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部アカウントです。編集部のスタッフが監修をしています。
監修している植物一覧を見る
植物の悩みならLOVEGREEN(ラブグリーン)のQ&A

人気の植物ランキング