ブプレリウムの育て方|植物図鑑

植物名
ブプレリウム
学名

Bupleurum rotundifolium

和名
ツキヌキサイコ
別名・流通名
ブプレリューム
科名
セリ科
属名
ロタンディフォリウム属
原産地
ヨーロッパ

ブプレリウムの特徴

ブプレリウムは、セリ科ミシマサイコ属の一年草です。明るくきれいなグリーンと軽やかな印象から、切り花として花束やフラワーアレンジメント、生け花などによく使われます。花のように見える先端のグリーンの部分は花を包む苞(ホウ)で、その中にある薄黄緑の小花が本来の花に当たります。

ブプレリウムは丸みを帯びた形の葉の中心を茎が貫いているように見えることから「ツキヌキサイコ」という和名を持ちます。

ブプレリウムの詳細情報

園芸分類 草花
草丈・樹高 100㎝以上
耐暑性 弱い
花色 薄黄緑
開花時期 5~7月

ブプレリウムは初夏に花を咲かせる一年草です。高温多湿が苦手なので、夏越しに注意を払う必要があります。風通しが良く、暑くなり過ぎない環境を好みます。切り花として多く出回っていますが、苗や鉢植えでの流通は少ないのが現状です。

切り花のブプレリウムも通気の悪い場所で管理していると、蒸れて葉や茎にカビが出ることがあります。ブプレリウムを切り花として飾る場合も、下の方の葉は取って、蒸れないように飾ってください。

育て方を見る >>

  • 監修者:LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部アカウントです。編集部のスタッフが監修をしています。
監修している植物一覧を見る

人気の植物ランキング