ヒナソウの育て方|植物図鑑

植物名
ヒナソウ
学名

Houstonia caerulea

和名
雛草、トキワナズナ
科名
アカネ科
属名
ヒナソウ属
原産地
北アメリカ

ヒナソウの特徴

ヒナソウは春に小さな花を無数に咲かせる常緑多年草です。弱そうに見えますが性質は丈夫な花です。花は4枚の花びらで十字のような形をしています。一株でたくさんの花が密集するように咲くので、開花中は花の絨毯のようになります。花は直径1㎝程度の小さな花ですが、葉は花よりもさらに小さなサイズをしています。花色は薄紫色から白、水色もあります。

ヒナソウは地下に匍匐枝を出しながら横に広がるように生長するので、環境があえばグランドカバーとしても利用できます。せっかくの花を踏みつぶしてしまうのは忍びないので、グランドカバーにするなら人が通らないような場所を選びましょう。

ヒナソウの詳細情報

園芸分類 草花
草丈・樹高 5~10cm
耐寒性 強い
耐暑性 強い
花色 白、薄紫、水色
開花時期 3月~5月

育て方を見る >>

  • 監修者:LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部アカウントです。編集部のスタッフが監修をしています。
監修している植物一覧を見る

人気の植物ランキング