サルビア・ネモローサの育て方|植物図鑑

植物名
サルビア・ネモローサ
学名

Salvia nemorosa

英名
Woodland Sage、Balkan Clary
別名・流通名
ウッドランドセージ
科名
シソ科
属名
アキギリ属
原産地
ヨーロッパ、西アジア

サルビア・ネモローサの特徴

サルビア・ネモローサは、シソ科の宿根サルビアの一種で、改良種の「カラドンナ」が人気があります。開花時期の初夏になると、株元から茎を立ち上げ、穂状の花序にサルビア類に多い唇形花の小さな花がびっしりとつき、花は下から上に向かって咲き進みます。ネモローサの花茎は直線的でシャープな雰囲気があり、その茎にびっしりと青やピンク、白の花が咲いた光景は目を見張るものがあり、花が散ってガクだけになった状態も見ごたえがあります。

耐寒、耐暑性に優れ、丈夫で育てやすく、年々大株になり花数が多くなります。品種が豊富にあり、矮性種などもあります。

草丈がさほど高くならないのと花の最盛期がバラの開花時期と重なるため、バラの下草としても人気があります。ボーダーガーデンの中段もしくは後方に植栽をしても見栄えがします。

サルビア・ネモローサの詳細情報

園芸分類 草花
草丈・樹高 30~60㎝(品種による)
耐寒性 強い
耐暑性 強い
花色 紫、ピンク、白
開花時期 5月~7月

サルビア・ネモローサの育て方カレンダー

時期 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
植え付け
開花

サルビア・ネモローサの栽培環境

日当たり・置き場所

サルビア・ネモローサは、日当たりと風通しの良い場所を好みます。明るめの半日陰程度の場所までなら栽培可能ですが、日当たりは花つきに影響します。

ただし、ここ最近の真夏の激しい気象だと、温暖地では真夏は半日くらい日が当たる場所の方が株の状態が良い場合があるので、真夏に強い西日が当たるような場所への植栽は避けましょう。

用土

水はけの良い土が適しています。一般的な草花類が育っている土なら問題なく植え付け可能です。

鉢植えで育てる場合は、草花用の培養土ハーブの土を利用するとよいでしょう。

サルビア・ネモローサの育て方のポイント

水やり

地植えは、根付いてからは水やりの必要はありません。

鉢植えは、鉢の表面が乾いたら鉢底から水が流れ出てくるくらいたっぷりと水やりをしましょう。

冬のサルビア・ネモローサは、地域によって落葉する場合と半常緑で越冬する場合があります。鉢植えは水やりを忘れないようにしましょう。

肥料

地植えは、やせ地でない場所ならほぼ不要な場合もあります。植え付け時に腐葉土か堆肥を元肥として入れて植え付け、その後は花色や花つきを見て判断するとよいでしょう。

鉢植えは、春と秋に緩効性肥料を与えます。

病害虫

目立った病害虫の害はありません。

サルビア・ネモローサの詳しい育て方

選び方

種の販売もありますが、主に苗での購入が一般的です。下葉まできれいな緑色の葉がついた姿の良い苗を選びましょう。

植え付け

春と秋が植え付け適時です。秋に植えて冬を越させ、開花までに十分な期間を与えると、初年度からたくさんの花を楽しむことができます。

剪定・切り戻し

花が一通り終わったら、全体を短めにカットしておくと株が充実していれば再び返り咲くこともあります。

植え替え・鉢替え

鉢植えは、数年に一回、根が回ったら一回り大きな鉢に植え替えるか株分けをしましょう。植え替え適時は春か秋です。

サルビア・ネモローサは温暖地では初夏、寒冷地では夏に開花します。花が散った後のガクだけになった姿も見ごたえがある植物です。花後、しばらく放置でもよいかもしれませんが、全体を短めにカットしておくと株が充実していれば再び返り咲くこともあります。

夏越し

暖地の鉢植え栽培は、真夏は半日陰程度の場所に移動させ、水切れを起こさないように注意しましょう。

冬越し

耐寒性があるため特別な冬越しの必要はありません。晩秋ごろになると株元から新芽が確認できるようになります。新芽は残し、それ以外の茎や古い葉は切り戻すと、春に見た目の良い株になります。

増やし方(株分け、挿し木、葉挿しなど)

種まき、株分け、挿し芽で増やすことができます。

  • 監修者:LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部アカウントです。編集部のスタッフが監修をしています。
監修している植物一覧を見る
植物の悩みならLOVEGREEN(ラブグリーン)のQ&A

人気の植物ランキング