ベゴニアの育て方|植物図鑑

植物名
ベゴニア
学名

Begonia

英名
Begonia
科名
シュウカイドウ科
属名
シュウカイドウ属
原産地
オーストラリアをのぞく世界中の熱帯亜熱帯に分布。その他1部の品種はブラジル

ベゴニアの特徴

ベゴニアは900余りの原種と15000を超える交配種があります。世界中の環境に適応しているため、ベゴニア一属の中でもかなりバリエーションが豊富です。

多年草で中に木質になる茎をもつ木立ベゴニアの品種もあります。なかでも四季咲きベゴニアはベゴニア・センパフローレンスともいい、ブラジル原産のほぼ周年開花する品種を掛け合わせられた園芸品種群です。花色は白・ピンク・赤などがありハート形の花弁が愛らしく人気があります。緑葉だけでなく銅葉の品種など年々新しい品種がつくられています。葉は肉厚でつやがあり、こぼれ種でもふえるほど丈夫な植物ですが多湿に弱いです。霜が降りる前に室内へ取り込めば越冬させる事が出来ます。

ベゴニアの詳細情報

園芸分類 草花
草丈・樹高 20~60cm
耐寒性 弱い
耐暑性 弱い
耐陰性 やや弱い
花色 白、赤、ピンク、黄色、オレンジ
開花時期 一年中

ベゴニアの名前の由来

属名のベゴニアはフランス領アンティル諸島の総督だったミシェル・ベゴンの名前に由来します。ベゴンはアンティル諸島の珍しい植物を採集するために、植物学者のシャルル・プリュミエールをフランス王ルイ14世に推薦しました。世に認められ、プリュミエールは1700年に出版した書物の中で初めてベゴニア6種の花を紹介しました。

ベルギーフラワーカーペット

ベルギーの首都ブリュッセルの世界遺産「グラン・プラス」ではベゴニアなどのカラフルな生花を使って巧妙なデザインを描き、広場を埋め尽くす「フラワーカーペット」というイベントが2年に1度行われます。毎年そのデザインは変わり、イベントの前日には100名以上の職人の手で80万本以上の色とりどりの花が広場に敷き詰められます。ベゴニアはベルギーでよく栽培される花の1種で、6千万本以上のベゴニアがベルギーのゲント近郊で栽培されています。

エディブルフラワーとしてのベコニア

野菜と同じように、土や肥料にこだわった花は「エディブルフラワー」として食べることができます。

エディブル(Edible)とは、「食用に適する」という意味の英語です。食べられる花を意味します。

食卓に彩りを加えるために使われるものを指し、ブロッコリーやカリフラワーなど花の部分を食用にするもの全てを含みます。

しかし、全ての花が食べられるというわけではなく、なかにはキンポウゲ科に多い毒性のある花は食べられません。

また、園芸用の花には食用として許可されていない農薬が使われていることもあるため、必ず食用として栽培された花をエディブルフラワーとして食します。

食用として育てられたベコニアは、エディブルフラワーの中でも酸味の強い味がアクセントになっています。食感もシャキシャキとしているため、爽やかな印象のお料理に合います。

また、ベコニアの雌花と雄花では味の違いがあり、雌花の方が雄花に比べて酸味を強く感じます。

育て方を見る >>

  • 監修者:LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部アカウントです。編集部のスタッフが監修をしています。
監修している植物一覧を見る

人気の植物ランキング