ペチュニアの育て方|植物図鑑

植物名
ペチュニア
学名

Petunia x hybrida

英名
Petunia
科名
ナス科
属名
ペチュニア属
原産地
南アメリカ、中東部亜熱帯

ペチュニアの特徴

ペチュニアは、夏の寄せ植えの素材としてとても人気のある草花です。ペチュニアは剪定を上手にすると、枝分かれしてたくさんの花を咲かせるので、ハンギングやコンテナ栽培にも適しています。ペチュニアは色幅も豊富で、多花性。一重や八重咲きなど咲き方も様々あり、花の大きさも大輪から小輪とあります。品種数も数百品種あり、毎年新品種が発売されています。開花期間がとても長いので、初心者にもおすすめの素材です。ペチュニアは現地では多年草ですが、寒さの弱いため日本では一年草扱いとなります。ペチュニアの語源はブラジル先住民のPetun(たばこ)が語源になっています。たばこの花に似ていることからこの語源になったと言われています。ペチュニアの葉をたばこに吸わせたという説もあるようです。

ペチュニアの詳細情報

園芸分類 草花
草丈・樹高 10cm~30cm
耐寒性 弱い
耐暑性 強い
花色 赤、ピンク、白、黄、黒、紫、ベージュ、ワイン、複色など
開花時期 3月~11月

バリエーション豊かなペチュニア

毎年色々なペチュニアの品種が作られ、見たことない色やこんもり茂るタイプ、垂れるタイプや八重咲きなど、色、株姿、咲き方が大変種類の豊富なペチュニア。日本はとくにペチュニアの品種改良が盛んで、最先端の研究が現在もされているまさにペチュニア大国です。ガーデニングブームの火付け役となったサフィニアもペチュニアの仲間で、日本人が品種改良した品種です。

育て方を見る >>

  • 監修者:LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部アカウントです。編集部のスタッフが監修をしています。
監修している植物一覧を見る

人気の植物ランキング