ルピナスの育て方|植物図鑑

植物名
ルピナス
学名

Lupinus

英名
Lupinus
和名
昇り藤
科名
マメ科
属名
ルピナス属
原産地
アメリカ、アフリカ、地中海沿岸部

ルピナスの特徴

ルピナスは秋に種をまき、翌年または翌々年の春に花を楽しむ1、2年草です。花の色は赤、ピンク、オレンジ、黄、青、紫、白など様々。冷涼で乾燥した気候を好むので、蒸し暑い日本ではほんとんどが一年草になります。冷涼な北海道ではルピナスの群生が観光名所となっているも場所もあります。

品種によっては1m以上に育つこともあり、空に向かって長い花穂に鈴なりの花をつけます。ルピナスは、フジに似た花が上向きにつくことから、「ノボリフジ」「サカサフジ」の別名もあります。また、葉の形がうちわに似ているので「ハウチワマメ(葉団扇豆)」と呼ばれることも。マメ科の植物なので、花の後は枝豆によく似たサヤが育ちます。

ルピナスの詳細情報

園芸分類 草花
草丈・樹高 30~150cm
耐寒性 強い
耐暑性 弱い
花色 青,白,赤,ピンク,オレンジ,黄,紫,複色
開花時期 4月~6月

ルピナスの種類

DSC_1556

ルピナス・ピクシーデライト

ルピナス・ピクシーデライトは丈の低い品種の一年草。花丈は30センチ~40センチ。色は白、ソフトピンク、ブルーの色があります。

育て方を見る >>

  • 監修者:LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部アカウントです。編集部のスタッフが監修をしています。
監修している植物一覧を見る

人気の植物ランキング