ヒポエステスの育て方|植物図鑑

植物名
ヒポエステス
学名
Hypoestes phyllostachya
英名
Hypoestes
科名
キツネノマゴ科
属名
マダガスカル

ヒポエステスの特徴

自分でアレンジ、構成を考えられるガーデニングは老若男女に人気の趣味です。そのなかでも、室内や屋外どちらにも様々な場面に使用される植物のヒポエステス。ヒポエステスの人気の理由は、誰にでも簡単に育てられるだけでなく、まだら模様の葉っぱがお洒落だからです。緑地の葉に白、赤ピンク、などの色鮮やかな色彩がマーブル模様に浮き上がっているのです。観葉植物としても重宝されています。葉っぱが美しいという印象が強いヒポエステスですが、花も咲きます。初夏に咲くのですが、葉に埋もれるようにして小さく開花するのであまり目立ちませんが、筒状の可愛い花です。

ヒポエステスの詳細情報

園芸分類 草花
草丈・樹高 ~30cm程度
耐寒性 やや弱い
耐暑性 強い
花色 紫、白など
開花時期 5月~6月頃

ヒポエステスの育て方カレンダー

時期 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
種まき
植え付け
植え替え
剪定
肥料
開花
収穫

ヒポエステスの日常のお手入れ

日当たり・置き場所

日当たりを好みますが、ある程度なら耐陰性もあります。

水やり

特に冬は水やりをあまり行わない方が良いです。根腐れを起こしてしまいます。成長期である春から夏にかけてはヒポエステスもよく水を欲します。土が乾いたらたっぷりと水を与えましょう。

肥料

水で十分育つので追肥はほとんど必要ないでしょう。どうしても気になる場合は開花時期に、挿しっぱなしの液体肥料を与えると心配ありません。

病害虫

ナメクジが近寄ってきてしまうのが難点。室内でも室外でもナメクジが付着する恐れがあります。葉が変色してきたと感じたらナメクジの存在を疑ってください。見つけ次第殺虫剤を撒くか、葉っぱごと切り落としてしまいましょう。

ヒポエステスの選び方

買う時の選び方

ヒポエステスの苗は園芸店のみならず、雑貨屋さんやスーパーの一角、そして100円ショップでも手に入れることが出来ます。入手が簡単なヒポエステス。その分、どこでどんな苗を購入すれば良いか迷ってしまいますね。購入する前に気を付ける個所は葉の先端。葉が覆い茂るヒポエステスですが、先端まで栄養が行き届いているようであれば良い苗だと言えます。均等に同じ色をしているというのが目安です。

用土

ヒポエステスはとくに土を選ぶ植物ではありませんので、観葉植物用用土で大丈夫です。ご自分で配合する場合は、腐葉土と赤玉小土を半分ずつ配合すると良いでしょう。水はけを良くするために川砂を混ぜるとより良い用土を作ることが出来ます。

ヒポエステスの季節の管理

種まき

ヒポエステスの種は非常に小さく細かいため、簡単に風で吹き飛んでしまいます。種まきをするその直前までチャック付きの袋で保管しておくとよいでしょう。種を蒔く時は土に直径1㎝ほどの小さな穴をあけてから蒔きます。どの場所に植えたか目印をつけておくとよいでしょう。土を軽く覆い被せ水をやりますが、この時じょうろなどで水やりをすると種が流れ出てしまう可能性があるので、霧吹きで行うと流出する危険性はありません。

植え付け

ヒポエステスの成長は早い為、鉢に植えつける場合は一回りほど大きい物を用意する方が良いでしょう。寄せ植えの場合も十分間隔が取れるように大きめの物を選んでください。植え付けの段階で葉が成長しすぎていると感じたら、このタイミングで葉を切って小さくしておきましょう。

増やし方(株分け、挿し木、葉挿しなど)

ヒポエステスは挿し木で大量に増やすことが出来ます。まず、挿し木を行うために挿し穂を用意します。挿し穂は現在育てているヒポエステスから元気な枝を選び、数本根元に近い所で切り離します。切り離したら、土に刺す部分の葉を取り覗きます。3分の1程度葉が無くて良いです。用土は通常のヒポエステスと変わりありません。十分な広さの鉢に挿し穂をします。水やりをしながら一か月程度立つと苗が出来上がります。必ずすべての挿し穂に苗が出来るとは限らないので挿し木を行う時は少し多目に挿し穂を作りましょう。

剪定

葉が多く茂るヒポエステス。密集すると内側が蒸れて病気や害虫を呼び寄せる元となってしまいます。寄せ植えの場合は他の植物と折り合いをつけながら、茂り過ぎた葉を剪定しましょう。大きすぎる葉は他の葉の養分を吸い取ってしまっている場合があるので、優先的に剪定する方が良いでしょう。

人気の植物ランキング