ガウラ(ハクチョウソウ)の育て方|植物図鑑

植物名
ガウラ(ハクチョウソウ)
学名
Gaura Iindheimeri
英名
White gaura
科名
アカバナ科
属名
ガウラ属
原産地
北アメリカ

ガウラ(ハクチョウソウ)の特徴

ガウラは伸ばした茎の先端に約1.5cmのとても小さな花を咲かせます。ガウラの花は白色が多く、花弁の枚数が4枚で、長い雄しべが目立ちます。これらの特徴から「ハクチョウソウ(白蝶草)」とも呼ばれています。また花色から「ヤマモモソウ」という別名もあります。花は咲いてから3日ほどで散ってしまいますが、春から秋の長い期間、次から次に花を咲かせていくため、長い間観賞することができます。草丈は40~150cmとやや背の高い花ですが、近年では品種改良により草丈が低めのガウラ種もあります。暑さや寒さに強い耐性があるため、日本全国で栽培可能な植物になります。

ガウラ(ハクチョウソウ)の詳細情報

園芸分類 草花
草丈・樹高 40cm~1.5m程度
耐寒性 強い
耐暑性 強い
花色
開花時期 5月~10月頃

ガウラ(ハクチョウソウ)の育て方カレンダー

時期 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
植え付け
植え替え
剪定
肥料
開花

ガウラ(ハクチョウソウ)の栽培環境

日当たり・置き場所

半日陰か日当たりの良い場所に植え付けましょう。

用土

水はけが良い土であれば問題ありません。庭植えの場合はよく耕したあと、腐葉土と元肥として緩効性化成肥料を混ぜ込んでおきます。鉢植えの場合は、赤玉土、腐葉土を配合するか、市販の草花用培養土を使用します。肥料が入っていない場合は元肥として緩効性化成肥料を混ぜ込みます。

ガウラ(ハクチョウソウ)の育て方のポイント

水やり

鉢植えの場合は、表土が乾いていたら多めに水を与えましょう。特に夏場は水切れを起こさないよう気を付けましょう。庭植えの場合は水やりの必要はありませんが、長期間雨が降らず土が乾いているようでしたら少し水やりをしましょう。

肥料

庭植えの場合は追肥の必要はありません。鉢植えの場合は、7月~8月の間は除いて、月に1度の頻度で緩効性化成肥料の置き肥をしましょう。

病害虫

風通しや日当たりに気を付けておけば注意すべき病害虫はありません。時折アブラムシがつくことがありますので、見つけ次第駆除しましょう。

ガウラ(ハクチョウソウ)の詳しい育て方

選び方

しっかり根が張っており根元がぐらつかないものを選びましょう。また葉の色が濃く、茎が長く伸びていないか確認しましょう。

植え付け

半日陰か日当たりの良い場所に植え付けましょう。庭植えの場合は、株同士の間隔は30cmほどあけて植えてください。

剪定・切り戻し

5月頃に摘心しておくと、草丈が低くなり倒れにくくなります。花が咲き終わった花茎は、その都度切り取っておくと、新しく花茎が伸びてきます。秋頃になり花が少なくなったら、草丈の3分の1の高さまで切り戻ししておきましょう。

  • 監修者:LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部アカウントです。編集部のスタッフが監修をしています。
監修している植物一覧を見る
LINE@

人気の植物ランキング