マツバボタン(松葉牡丹)の育て方|植物図鑑

植物名
マツバボタン(松葉牡丹)
学名

Portulaca glandiflora

英名
Rose moss
和名
松葉牡丹
科名
スベリヒユ科
属名
スベリヒユ属
原産地
ブラジル・アルゼンチン

マツバボタン(松葉牡丹)の特徴

ブラジル・アルゼンチン原産の非耐寒性一年草で江戸時代から花壇用草花として親しまれ、別名はツメキリソウやヒデリソウと呼ばれます。茎は多肉質の円柱形で分枝性が強く匍匐して広がります。葉も多肉質の円柱形で長さ1~2センチほどです。花は直径3センチほどで枝先に咲かせ花色は赤、ピンク、黄色、オレンジ、白、複色と豊富にあります。また花形も一重からボタンを思わせるような八重咲き、万重咲きまであり、コンパクトな品種もあります。基本的に花は一日花で太陽があたる時間帯だけ開花しますが、品種改良によって曇天時にも開花する品種が育成されています。暑さと乾燥に非常に強く真夏の花壇に適した草花です。

マツバボタン(松葉牡丹)の詳細情報

園芸分類 草花
草丈・樹高 ~30cm程度
耐寒性 やや弱い
耐暑性 強い
花色 赤、白、ピンク、黄、オレンジなど
開花時期 6月~9月頃

育て方を見る >>

  • 監修者:LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部アカウントです。編集部のスタッフが監修をしています。
監修している植物一覧を見る

人気の植物ランキング