レモン(檸檬)の育て方・栽培|植物図鑑

植物名
レモン(檸檬)
学名

Citrus limon

英名
lemon
和名
檸檬
科名
ミカン科
属名
ミカン属
原産地
インド北部ヒマラヤ

レモン(檸檬)の特徴

レモンは、ミカン科ミカン属の常緑低木です。木があまり高くならないので、ベランダでも育てやすい果実のひとつです。芳香のある白い可愛らしい花を咲かせます。果実は卵型で酸味があります。果皮にも香りがあり、グリーンから熟すと明るい黄色に変化します。

病害虫も比較的つきにくいためご家庭でも育てやすいです。温暖な気候でよく育ちますが、柑橘類の中で寒さにそんなに強くはないため、鉢植えで管理のほうが育てやすい場合もあります。

果実はビタミン、カルシウム、カリウムなど栄養も豊富です。

レモン(檸檬)の詳細情報

園芸分類 果樹
草丈・樹高 3m
耐寒性 弱い
耐暑性 強い
耐陰性 弱い
花色
開花時期 4~7月

レモン(檸檬)の育て方カレンダー

時期 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
植え替え
剪定
開花
収穫

レモン(檸檬)の栽培環境

日当たり・置き場所

レモンは屋外の日当たりの良いところでの管理がよいです。レモンを元気に育てるには日光が大切です。乾燥気味を好み、過湿が苦手なので、日が良く当たり気温が高い環境を好みます。風が強い場所は病気の原因になるので避けたほうがよいでしょう。梅雨時期は雨、風が当たらないような場所がよいです。寒さには弱いので、鉢植えのレモンは、冬は室内へ取りこむか、霜に当たらない場所へ移動させましょう。

用土

レモンの土は水はけのよい土で植えつけます。過湿が苦手で、水が多すぎると根腐れの原因になります。赤玉と腐葉土など、水はけのよい土がよいです。市販のハーブの土でも可能です。

レモン(檸檬)の育て方のポイント

水やり

レモンの水やりは土が乾いたらたっぷりと与えましょう。6月から8月の果実を作る時期は水を要するため、たっぷりと与えて乾かさないように気をつけましょう。

肥料

レモンの肥料は3月、6月、10月の3回。油かすか緩効性肥料を施します。6月の開花期には実を付けるために施します。この時期は肥料切れが起こらないようにしましょう。苗の大きさや鉢の大きさによって与える量も違います。規定量を守って施しましょう。

病害虫

レモンは風通しが悪くなると害虫の発生の原因になります。枝や葉が込み合ったら剪定をして風通しをよくしましょう。外で育てている場合はアゲハチョウの幼虫がつきやすいでので注意が必要。卵のうちに見つけたら駆除しましょう。梅雨明けからが特に注意が必要です。
病気はカイヨウ病に注意しましょう。果実に多く見られる病気で、細菌が原因です。かさぶたのような茶色、黒色の斑点ができます。雨風の強い場所やレモンのトゲが他の枝を気づつけると感染しやすくなります。見つけたら早めに切り取りましょう。

レモン(檸檬)の詳しい育て方

選び方

レモンの苗はぐらぐら、ひょろひょろしてなく茎、枝がしっかりとし、品種名の札がついていてわかるものを選びましょう。品種によって特徴が異なることがあります。

植え付け

レモンの植え付けは基本3月~4月に行いますが、6月くらいまでは可能です。鉢植えのレモンは、1回りから2回り大きな鉢に植え替えます。いきなり大きな鉢に植え替えると、根ばかり生長して開花しないことがあります。植え付け時には、元肥をたっぷりと漉き込みます。

仕立て方

レモンの果実が実った状態で購入した苗は、果実の重みで枝がたわんできてしまうことがありますので、様子を見て支柱で支えるようにしましょう。

摘芯(摘心)・摘果

レモンは果実を充実させるために、摘果を行います。枝がしなるほど1つの枝に果実が集中しているような場合は、少し間引くようにしましょう。鉢植えのレモンは、1つの枝に果実1つを目安に摘果を行ってください。

剪定・切り戻し

レモンの剪定は3月に行います。風通しと樹の中まで日が当たる様に、主軸から伸びている元気のいい枝を3本くらい残し、他の不要の枝を剪定します。剪定後は枝を横に誘引すると実がつきやすくなります。

植え替え・鉢替え

レモンの植え替えは鉢植えの場合は2、3年に一度は植え替えをしましょう。鉢の底から根が出て来た頃が植え替えの時期です。その際はひと回り大きい鉢に植え替えをします。

レモンの花は4~7月頃に、白色をした甘い芳香のある花を咲かせます。

収穫

レモンの収穫は地域によっては差がありますが、9月くらいからグリーンのレモンが収穫できます。旬は12~3月で黄色く色付いた頃に収穫します。収穫の際はハサミで葉を1~2枚付けて切り取りましょう。緑のレモンは香りづけなどにも使うことはできます。果実は緑のままでも、室内で保管ししているうちに数カ月で黄色く熟します。

夏越し

レモンは特に必要な夏越しの作業はありません。

冬越し

レモンは寒さに弱く、寒風があたらない場所で管理しましょう。戸外での越冬をする場合は必ずマルチングを行ってください。鉢植えのレモンの場合は日当たりの良い室内に取り込みます。夜は窓辺の冷気にも弱い為、窓辺よりも内側で管理します。

増やし方(株分け、挿し木、葉挿しなど)

レモンは挿し木で増やせます。

  • 監修者:LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部アカウントです。編集部のスタッフが監修をしています。
監修している植物一覧を見る

人気の植物ランキング