イチジク(無花果・いちじく)の育て方・栽培|植物図鑑

植物名
イチジク(無花果・いちじく)
学名

Ficus carica

英名
Fig tree
和名
無花果(いちじく)
科名
クワ科
属名
イチジク属
原産地
アラビア半島南部・地中海沿岸地方

イチジク(無花果・いちじく)の特徴

イチジク(無花果)は樹高2~5mになる落葉性のクワ科の亜熱帯の果樹で、独特の熟した甘みと食感が魅力の果物です。収穫時期や味、形などが異なる200品種以上の種類があります。

イチジク(無花果)は受粉がいらず1本でも結実し、「花のう」という実の内側に花が咲き、そのまま熟して実となります。日当たりを好み摘花や人工授粉なども不要で手間があまりかからないため、果樹の中でも栽培が容易といえます。耐寒性がやや弱いので関東地方より北では地植えでの栽培は難しいので、関東以北の地域では鉢栽培にして、冬は霜や冷たい風にあたらない屋内に入れると冬越しが可能です。収穫の時期になると、夏の終わりから晩秋まで、毎日少しずつ長期間収穫できます。

イチジク(無花果・いちじく)の詳細情報

園芸分類 果樹
草丈・樹高 2~5m
耐寒性 弱い
耐暑性 強い
開花時期 6~9月

イチジク(無花果・いちじく)の種類

蓬莱柿(ほうらいし)

1600年代半ばに中国から伝わってきた品種です。日本での栽培も長い事から別名「日本いちじく」とも呼ばれています。耐寒性があり、果実も実りやすく収穫量も多く、育てやすい品種です。雨で果実が裂果しやすいため果実が実り始めたら、雨除けをするとよいでしょう。

桝井ドーフィン

1909年に広島県の桝井光次郎氏がアメリカから持ち帰った品種です。日本の環境で育ちやすく、栽培のしやすさと果実の持ちのよさから、日本に広まりました。果実の収穫時期は8~10月。

イチジク(無花果)は人類最古の栽培植物

イチジク(無花果)の一番古い栽培の記録は、アラビア半島の南部の地域で紀元前2700年、六千年以上も以前から栽培されていたと言われているのが世界最古の記録です。野生のイチジク(無花果)は有史以前には西アジアから地中海の島々に広がり、古代エジプトでは6000年前から栽培を始めていました。紀元前1900年のエジプトの墓の壁画にはイチジクの収穫風景なども描かれ、その後、栽培の地域が広がりクレタ島に移り、紀元前800年にはギリシャで栽培が始まります。ギリシャではイチジク(無花果)の繁殖の仕方が観察され、イチジク(無花果)の栽培も盛んになり始めました。その当時は砂糖がまだ珍しい時代だった為、干したイチジク(無花果)を甘みの味付けとして使用されていたようです。16世紀になるとスペインの探検家がイチジク(無花果)をハイチやメキシコにも持ち込み、18世紀末にはカリフォルニア州やオーストラリアでも栽培され始めています。日本へはペルシャから中国を渡り、江戸時代の1600年代の半ばに渡って来ました。日本へ渡ってきてからも品種改良が盛んになり、たくさんの品種が生まれてます。

 

イチジク(無花果・いちじく)の育て方カレンダー

時期 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
植え付け
植え替え
剪定
開花
肥料
収穫

イチジク(無花果・いちじく)の栽培環境

日当たり・置き場所

イチジク(無花果)は、日当たりの良い場所を好みます、霜や冷たい風に弱い為、真冬や関東以北の地域では、冬は鉢植えにし室内に移動して育てましょう。

温度

イチジク(無花果)は、最低気温10℃以下になると、枯れてしまいます。10℃以下になる場合は寒さ対策が必要です。
気温が15℃以上になってくると生長期となり、活発に新芽が芽吹き始めます。果実は22℃~27℃で成熟し、28℃以上になると皮が固くなったりする為、寒冷紗等で日よけをして真夏の暑さ対策をすると良いでしょう。

用土

イチジク(無花果)は、水はけと保水性がよい肥沃な土壌を好みます。鉢で栽培する場合は、赤玉土、鹿沼土、腐葉土をそれぞれ3割程混ぜた土を使用します。

 

イチジク(無花果・いちじく)の育て方のポイント

日常の管理

イチジク(無花果)は、葉が大きい為、風が強すぎる環境に弱く、葉が破れたり折れたりしてしまいます。風の強い日は風対策が必要です。真夏の直射日光が強い場合は寒冷紗などで日よけをしましょう。

イチジク(無花果)は、果実の生育期に雨に濡れると果実が破裂してしまう為、果実が熟れ始めたら雨をよける工夫が必要です。

水やり

イチジク(無花果)は土壌が乾燥気味の方が良く育ちますが、水切れには弱いので、土の表面が乾いたらすぐにたっぷりと水を与えます。真夏は藁などでマルチングをして乾燥を防ぐのも良いでしょう。鉢栽培は水切れしやすい為、水切れに注意しましょう。

肥料

イチジク(無花果)の肥料は11~1月の休眠期に寒肥えとして有機質な油かすなどの元肥を与えます。6~9月の生長期にも堆肥などの有機質な肥料を根元近くにではなく、少し離れた枝葉を伸ばしている先の地面に埋めて与えます。

病害虫

イチジク(無花果)は果樹の中では比較的病害虫に強いですが害虫ではカミキリムシに注意が必要です。幼虫が幹の根元付近に入ってしまうとたちまち枯れてしまいます。幼虫が入っていると幹に穴があき、木くずが散乱していますので発見したら殺虫剤を穴の中にスプレーしましょう。またカミキリムシの成虫は卵をうみつける可能性があるので見つけたら駆除しましょう。その他アザミウマ類やハダニが発生する事がありますのでそれぞれに対応した薬剤を散布して対処します。

イチジク(無花果・いちじく)の詳しい育て方

選び方

イチジク(無花果)は耐寒性が強い品種と弱い品種があります。関東地方より北では耐寒性が強い品種を選び、耐寒性が弱い品種を選んだ場合は鉢植えで栽培すれば室内に取り込む事ができ、冬越しが容易です。住んでいる地域の気温によって育てやすいイチジク(無花果)を選ぶと良いでしょう。

植え付け

イチジク(無花果)の植え替えは、12月から3月の休眠期が適しています。地植えする場合は植え付ける根より2倍程の大きさの直径、深さの穴を掘り、掘り上げた土に腐葉土と赤玉土、化成肥料を適量混合したものを穴の深さの半分程度埋め戻します。苗木の根を崩して根を広げてから残りの土を戻すように植えます。苗木を植えたら、支柱を立ててからたっぷりと水やりをします。

剪定・切り戻し

イチジク(無花果)は挿し木で増やす事ができます。挿し木で育てた場合、2~3年目に果実を実らせます。まだ実をつけていない1年目のイチジク(無花果)は主軸を2本残し、短く30㎝程に剪定します。果実が実り始めた2年目からの株は、秋の実りが終わり収穫が終ってから、冬に剪定を行います。イチジク(無花果)は品種によっては冬の始まりまで実る品種もあるため、果実が完全につかなくなってから剪定します。真冬に剪定する事によって株に負担をかけず春の生長に向けて準備をする事が出来ます。

植え替え・鉢替え

イチジク(無花果)は2年に一度くらいのタイミングで植え替えます。現在の鉢よりも1まわり大きな鉢に植替えましょう。鉢から取り出した株は根を良く切れるハサミで1/3程カットします。
新しい鉢を準備したら1/3程の土(市販の果樹用の培養土等を使用するとよいでしょう)を入れ、その上に根をほぐして植え替えます。

イチジク(無花果)の花は「花のう」と言われる袋状の実の中に外に見えない形状で咲きます。花の間の花のうは緑色をしています。花から果実に変わると花のうは赤みを帯びはじめます。

収穫

イチジク(無花果)の収穫の目安は果実の先端が割れてきたときが収穫時期です。

収穫時期の熟したイチジク(無花果)は雨に濡れるとはじけやすいので、寒冷紗とビニール袋などを重ねて、雨除けの工夫をすると良いでしょう。

夏越し

イチジク(無花果)は夏の暑さには強い植物です。気温が28℃以上になると果実の皮が固くなります。直射日光があたりすぎる場合は日よけをしてあげましょう。

冬越し

イチジク(無花果)は寒さに弱く、冬は10℃以下になる場合は室内で管理します。冬の水やりは夏よりも少なめで、土が乾いたらたっぷりと与えます。

 

増やし方(株分け、挿し木、葉挿しなど)

イチジク(無花果)は挿し木で増やす事が出来ます。剪定した枝を使うとよいでしょう。細すぎず元気な枝を選びましょう。また、緑や黄色が濃い枝は栄養不足な可能性があるので避けます。幹に近い方を土に挿すので、斜めに切るか、えんぴつのように削ると水の吸いあげがよくなり発根を促せます。切り口が乾かないように削ったら、すぐに水につけましょう。水につけている間に、土の準備をします。挿し木用の土でも構いませんが苦土石灰を少し混ぜてもよいでしょう。挿し木後は日陰でビニール袋などをかぶせて管理します。土が乾かないように水を与えます。

イチジク(無花果)を早く熟させる「オイリング」

イチジク(無花果)を1週間から10日ほど早く成熟させる方法を「オイリング」といいます。

これは古くギリシア、ローマ時代から行われてきました。イチジク(無花果)の果実のてっぺんがうっすらと赤くなってきたころに細いストローやスポイトを使って穴に植物油を1~2滴たらします。オリーブオイルやなたね油、ごま油などが適しています。そのメカニズムははっきりとはわかっていませんが、オイルを垂らすことで、果実からエチレンという物質がでて成熟を早めるといわれています。

イチジク(無花果)の花

イチジク(無花果)は漢字で書くと「無花果」花が無い果実と書きますが、本当に花が咲かないのでしょうか?イチジク(無花果)の花は実の中に花が隠れて咲く、という変わった性質があります。

イチジク(無花果)の実は「花のう」と言う袋状になっていて、その袋の内側に(花びらがないので一見花にはみえませんが)たくさんの花が並んでいます。花が見えない形状をしている為、原産地のアラビア半島にいる、イチジク(無花果)コバチという小さな蜂がイチジク(無花果)の穴から中へ入り込んで実の中で産卵します。

このイチジクコバチの卵がふ化し、成虫になったら花粉を付けてまた別のイチジク(無花果)の木へ行き受粉させる役目をしています。日本にはこのイチジクコバチはいないので、イチジク(無花果)の実の中に虫が入っているということはありません。

  • 監修者:LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部アカウントです。編集部のスタッフが監修をしています。
監修している植物一覧を見る

人気の植物ランキング