ドラゴンフルーツの育て方・栽培|植物図鑑

植物名
ドラゴンフルーツ
学名

Hylocereus undatus 

英名
Dragon fruit,Pitaya
別名・流通名
ドラゴンフルーツ
科名
サボテン科
属名
ヒロケレウス属
原産地
中南米

ドラゴンフルーツの特徴

ドラゴンフルーツは熱帯地域に生息する森林性サボテンの一種で茎の太さは4~7cmほどになりよく分枝します。気根を出して近くの木などに絡まりながら最大で10m以上にまで生長します。 夜に大きさ30cmほどの月下美人に似た花を咲かせ、強い芳香があります。午後8時~9時ごろに開花し翌朝にはしぼむ一日花です。丈夫でそれほど手間がかからないので家庭でも結実させることができ、沖縄以外の温暖な地域でも徐々に栽培されてきています。果皮が龍のうろこのように見えるので「ドラゴンフルーツ」と呼ばれ別名を「ピタヤ」といいます。果肉の中にはごまのような種子が散らばっていて、味はさっぱりとして酸味はほとんどありません。

ドラゴンフルーツの詳細情報

園芸分類 果樹
草丈・樹高 ~10m程度
耐寒性 強い
耐暑性 強い
耐陰性 弱い
花色
開花時期 7月~9月

美味しいドラゴンフルーツの見分け方と保存方法

ドラゴンフルーツは追熟しないので収穫したら出来るだけ早く食べるようにし、購入する場合もできるだけ新鮮なものを選びましょう。ドラゴンフルーツの糖の主成分はブドウ糖なので甘味を感じにくいです。一方イエローピタヤには果糖やしょ糖が含まれるので甘く感じます。保存方法は果実をビニール袋にいれて野菜室で保存します。日持ちがしないのでなるべく早く食べましょう。 

育て方を見る >>

  • 監修者:LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部アカウントです。編集部のスタッフが監修をしています。
監修している植物一覧を見る

人気の植物ランキング