カシワバアジサイ(柏葉紫陽花)の育て方|植物図鑑

植物名
カシワバアジサイ(柏葉紫陽花)
学名

Hydrangea quercifolia

英名
Oakleaf hydrangea
和名
柏葉紫陽花
科名
アジサイ科
属名
アジサイ属
原産地
北アメリカ

カシワバアジサイ(柏葉紫陽花)の特徴

カシワバアジサイは、カシワの葉のような形の大きな葉とピラミッド形に咲く花が特徴のあじさいの仲間です。花は隙間なく密に咲きます。一重咲きの他、八重咲き品種も出回っています。カシワバアジサイは花も美しいですが、秋の紅葉もとても美しい花木です。

カシワバアジサイ(柏葉紫陽花)の詳細情報

園芸分類 庭木、落葉
草丈・樹高 1m~2m
耐寒性 強い
耐暑性 強い
花色
開花時期 5月~7月

カシワバアジサイ(柏葉紫陽花)の育て方カレンダー

時期 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
植え付け
開花
肥料
剪定

カシワバアジサイ(柏葉紫陽花)の栽培環境

日当たり・置き場所

カシワバアジサイは半日陰~日なたを好みます。光が足りないと花つきに影響します。夏場に土が極端に乾燥しない水はけのよい場所に植えましょう。

カシワバアジサイは大きくなるので、鉢植えより地植えでの栽培が適しています。鉢植えにするなら大きめな鉢で育てましょう。

用土

水はけのよい土に植えましょう。

カシワバアジサイ(柏葉紫陽花)の育て方のポイント

日常の管理

カシワバアジサイは一度植え付けてしまえば、特に日常の管理は難しくなくない植物です。

水やり

地植えのカシワバアジサイは、水やりの必要はありません。鉢植えのカシワバアジサイは、夏場の水切れに注意しましょう。

肥料

地植えのカシワバアジサイは土が肥えていれば特に肥料をやらなくても毎年開花しますが、鉢植えのカシワバアジサイは冬場の寒肥と花の後のお礼肥を与えます。

病害虫

うどんこ病
植物の葉などに粉をまぶしたように白くなるのがうどんこ病です。うどんこ病は5月~6月と9月~10月に発生しやすい病気で、はじめはぽつぽつと白く粉をふいている感じに見えますが、悪化してくると葉の全面が真っ白になっていき、植物全体に蔓延すると茎や果実にも発生し、とても厄介です。
発見したら病気が発生している葉は取り去りましょう。

カシワバアジサイ(柏葉紫陽花)の詳しい育て方

選び方

葉が痛んでいない枝ぶりのきれいな苗木を選びましょう。

植え付け

3月~4月の落葉期か秋の陽気のよい時期が、カシワバアジサイの植え付け適時です。植え付け時に腐葉土や牛糞やたい肥などの元肥とともに植え付けます。

剪定・切り戻し

植え付けた年に行う樹形を整える剪定
カシワバアジサイは、植え付けて放任しておくと茎が太い幹のようになり、葉の大きさに対してバランスの悪い樹形となります。それを避けるために、植え付けた年の落葉期に株元ですべての枝を切り詰めます。この剪定をすることによって、根元からたくさんの枝が出てバランスの良い樹形となります。ただし、翌年に花は開花しません。

花の後の剪定
花の後の剪定は7月下旬までに行います。切り方は普通のアジサイと同様、花の2節下を剪定します。

植え替え・鉢替え

鉢植えのカシワバアジサイは、2~3年に一度、一回り大きな鉢に植え替えます。

カシワバアジサイの花は5月~7月に開花します。咲き始めはグリーン色でそこから徐々に白に花の色が変化します。

開花後は翌年の花のために花は7月下旬までには剪定しましょう。

収穫

カシワバアジサイの花は切り花としても楽しむことができます。

増やし方(株分け、挿し木、葉挿しなど)

6月~7月に挿し木で増やすことができます。

  • 監修者:LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部アカウントです。編集部のスタッフが監修をしています。
監修している植物一覧を見る

人気の植物ランキング