セイヨウニンジンボクの育て方|植物図鑑

植物名
セイヨウニンジンボク
学名

Vitex agnus-castus

英名
Chaste Berry
和名
西洋人参木(セイヨウニンジンボク)
科名
シソ科(クマツヅラ科とされることもある)
属名
ハマゴウ属
原産地
南ヨーロッパ、西アジア

セイヨウニンジンボクの特徴

セイヨウニンジンボクは夏期に薄紫色の花を咲かせる、シソ科の落葉低木です。2~3mまで生長し、横に枝を広げて大きくなります。庭の花が少なくなる夏に涼し気な薄紫色の花を咲かせてくれる可愛らしい庭木です。

セイヨウニンジンボクの花には淡い芳香があり、株元の草むしりをしていると香りが漂ってきます。丈夫な上に花期が長く、晩夏まで咲き続けてくれるのも魅力です。

 

セイヨウニンジンボクの詳細情報

園芸分類 庭木、落葉
草丈・樹高 3m程度
耐寒性 強い
耐暑性 強い
花色 薄紫色
開花時期 7~9月

セイヨウニンジンボクの育て方カレンダー

時期 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
植え付け
植え替え
開花

セイヨウニンジンボクの栽培環境

日当たり・置き場所

セイヨウニンジンボクは日当たりの良い場所を好みます。日照不足だと花付きも悪くなるので日当たりの良い場所で管理しましょう。

用土

市販の培養土で問題なく育ちます。

セイヨウニンジンボクの育て方のポイント

水やり

庭植えのセイヨウニンジンボクは根付いてからは特に水やりの必要はありません。夏期など乾燥が続いた時にはたっぷりと与えるようにしましょう。

鉢植えのセイヨウニンジンボクは表土が乾いたら、たっぷりと水やりを行います。

肥料

植え付け時に元肥を与えていれば、特に追肥の必要はありません。花付きが悪くなってきたようであれば、有機肥料を適宜与えます。

病害虫

特に目立った病害虫の被害はありません。

セイヨウニンジンボクの詳しい育て方

選び方

主幹がしっかりとしていて、葉芽が多く出ている株を選びましょう。

植え付け

セイヨウニンジンボクの植え付けは真夏と真冬を避けた、春か秋の暖かい日に行います。植え付け後はたっぷりと水やりを行います。

剪定・切り戻し

セイヨウニンジンボクの剪定は落葉期に行います。横に枝を広げる庭木なので、樹形を整えるように剪定します。

植え替え・鉢替え

セイヨウニンジンボクの植え替えは、春か秋の暖かい日に行います。根が詰まってきたと感じたら、一回りから二回り大きな鉢に植え替えましょう。植え替え後はたっぷりと水やりを行います。

セイヨウニンジンボクは7~9月の夏の盛りに、涼し気な薄紫色の花を咲かせます。花数も多く、枝の先にたわわに咲かせます。

酷暑の時期は少し開花を休むこともあります。

夏越し

セイヨウニンジンボクは夏が好きな植物です。特に必要な夏越しの作業はありません。

冬越し

セイヨウニンジンボクは冬は落葉して越冬します。特に必要な冬越しの作業はありません。

増やし方(株分け、挿し木、葉挿しなど)

セイヨウニンジンボクは挿し木で増やせます。

  • 監修者:LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部アカウントです。編集部のスタッフが監修をしています。
監修している植物一覧を見る

人気の植物ランキング