サルスベリ(百日紅)の育て方|植物図鑑

植物名
サルスベリ(百日紅)
学名

Lagerstroemia indica

英名
Crape myrtle
和名
百日紅
科名
ミソハギ科
属名
サルスベリ属
原産地
中国

サルスベリ(百日紅)の特徴

サルスベリは夏から秋まで長く開花する落葉樹です。地域によっては秋に美しい紅葉を見ることもできます。サルスベリは栽培しやすい樹木なので一般家庭に植えられる他、日本の公園や街路樹でも多くみられ、花色は濃ピンクや淡ピンク、赤、白、紫、複色など沢山の色があります。最近のサルスベリの新品種は、葉の色が銅葉のものなども登場しています。

サルスベリの特徴は木の肌にもあります。サルスベリの樹皮はザラザラしているのですが、一度樹皮が剥がれ落ちると白い木肌が見え、その部分はとてもつるつるしています。この木肌はサルが木に登ろうとしても滑って落ちてしまいそうなことから「サルスベリ」と名付けられました。

サルスベリ(百日紅)の詳細情報

園芸分類 庭木、落葉
草丈・樹高 3m~10m
耐寒性 強い
耐暑性 強い
花色 赤、白、ピンク、紫
開花時期 7~10月

サルスベリ(百日紅)の種類

一般的なサルスベリは順調に育つと10m近くの高さになりますが、中には3mほどの高さにまでしか生長しない「ムラサキサルスベリ」という種類もあります。また、直径5cmを超える花を咲かせる「オオバナサルスベリ」という種類もあります。

 

サルスベリ(百日紅)の育て方カレンダー

時期 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
植え付け
剪定
肥料
開花

サルスベリ(百日紅)の栽培環境

日当たり・置き場所

サルスベリは日当たりと風通し、水はけが良い場所で育てましょう。サルスベリは光が足りないと花が開花しません。うどんこ病に弱いので、風通しの良い場所に植えることも大切です。

サルスベリは地植えでも鉢植えでも育てることが出来ますが、北海道などの寒冷地での庭への植栽は不向きな樹木です。

用土

地植えのサルスベリは、水はけの良い場所を選んで植栽します。植え付け数週間前に堆肥を混ぜ合わせて準備をしましょう。

鉢植えのサルスベリは、赤玉小土と腐葉土を混ぜ合わせた土もしくは花用の培養土が一般的です。サルスベリは、やせた土地や水はけの悪い用土は、病気になったり花が咲かなくなります。

サルスベリ(百日紅)の育て方のポイント

水やり

地植えのサルスベリの水やりは、降雨のみで問題ありません。植え付けてしばらくは完全に根付いていないため、水切れを起こしてしまう可能性があるので注意深く観察しましょう。日照り続きの真夏は、場合によっては水やりが必要な場合もあります。

鉢植えのサルスベリは、土の表面が乾いたら鉢底から水が流れ出てくるくらいたっぷりと水やりをしてください。

肥料

寒肥として1月から2月ごろ、生育期を迎える前に与えましょう。また、花が咲き終わったら、お礼肥として肥料を施しましょう。

病害虫

サルスベリがかかりやすい病気は「うどんこ病」です。うどんこ病とは葉が白くなり光合成ができなくなってしまう病気です。発症を確認した際はすぐに葉を取り除いてください。サルスベリの開花時期に多く発症する病気なのでそれ以前に予防剤をまいておくと効果的です。うどんこ病を防ぐためにも不要な枝は剪定し、風通しのよい枝にしておくとよいでしょう。

最近の新品種のサルスベリの中には、うどんこ病に耐性のある品種も登場しています。

サルスベリ(百日紅)の詳しい育て方

選び方

サルスベリの苗が流通するのは春から夏です。枝ぶりが良く、葉に勢いがある株を選びましょう。

最近のサルスベリは品種が豊富です。花の色も豊富なので、好みの花色の見た目と、這性、矮性などの生長の性質を植栽する環境によって選びましょう。中には葉の色が銅葉のサルスベリもあります。

種まき

サルスベリの種まきは、暖かい春の時期に行いましょう。種まき用のプランターまたは個別のポットを用意し、土の上に種を数個まきます。種の上に軽く土を覆い被せ芽が出るまで待ちましょう。発芽までは約一か月前後かかります。

植え付け

サルスベリを植えつける際は根よりも少々深めに穴を掘って、場所を確保します。事前に深めに掘った穴に堆肥などを混ぜ込みます。

植え付け初めはぐらぐらと不安定な事も多いので、支柱を立てて管理しましょう。

剪定・切り戻し

サルスベリの剪定を行う時期は、11月~3月の葉っぱが落葉中に行います。剪定する枝は、春から伸びた枝を短く切り戻すことが基本です。

サルスベリは、春以降に伸びた枝に、その年の夏、花を咲かせます。そのため春以降は大きな剪定は行わないようにします。ただし、サルスベリは、ヤゴやひこばえと言われる小枝が出やすい木です。こういった枝は、見つけ次第剪定していきます。

基本のサルスベリの剪定は、年に1回の剪定となりますが、8月の上旬から中旬くらいまでに、咲き終わった花の枝の下2~3節目で剪定をすると、1ケ月後くらいに再度花を楽しむことができます。この剪定をすると、枝数が多くなるので花数も多くなります。ただしこれができるのは夏早くから開花し始める品種のみで、遅咲き種はできません。

街路樹のサルスベリなど、限られた時期にしか作業ができない場合は強い剪定が一般的ですが、サルスベリは自然樹形でも楽しむことができます。剪定の仕方によって、落葉期の枝ぶりや、花の大きさなどが変わってきます。好みによって仕立てていくことのできる花木です。

植え替え・鉢替え

地植えのサルスベリは植え替えの必要はありません。鉢植えのサルスベリは、2~3年に1回、一回り大きな鉢に植え替えます。植え替えの時期は、10~11月か3~4月です。

百日紅という和名の通り、夏の間の長期間開花する植物です。サルスベリは春以降に伸びた枝にその年の夏、花を咲かせる性質です。

百日紅という和名の通り、夏の間の長期間開花する植物です。サルスベリは春以降に伸びた枝にその年の夏、花を咲かせる性質です。

 

サルスベリの花の後の実

サルスベリの花の後の実

サルスベリは、花が終わった後に写真のような緑の実になり、その後、次第に茶色になり中から種がはじけます。

サルスベリの花つきが悪い場合

サルスベリは光が足りないと花が開花しません。枝全体に光が当たるように剪定をすると花付きが良くなります。

収穫

サルスベリの種が採取できるのは花が咲き終わった後、秋の時期です。花の咲いていた場所に茶色い樹皮の固まりのようなものが出来ます。その中に種が入っています。種は熟し、時期が来るとはじけ飛び、風に乗って地面に落ちます。採取したい場合は、ビニール袋などを実に被せて飛散を防ぎましょう。

夏越し

サルスベリは特別な夏越しの必要はありません。

冬越し

サルスベリは耐寒性のある花木ですが、植え付けたばかりの若い苗木は株元をマルチングをして防寒すると万全でしょう。自然樹形のサルスベリは紅葉も楽しめます。

サルスベリの木の実

丸い形の実が熟してはじけて割れて中から種がはじけます。この実は年を越して春先まで木についているのを見かけることができます。この木の実はドライフラワーとして楽しむこともできます。

 

増やし方(株分け、挿し木、葉挿しなど)

サルスベリは種まきか挿し木で増やすことができます。種から育てるのは時間がかかります。

挿し木は初夏に挿し木用の枝を切ります。長さは15cm以上30cm未満。切り口を水揚げし、綺麗にしてから用土を入れた鉢に挿し木しましょう。枝が安定するまでは支柱を用意し支え、直射日光の当たらない場所で管理しましょう。

  • 監修者:LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部アカウントです。編集部のスタッフが監修をしています。
監修している植物一覧を見る

人気の植物ランキング