アベリアの育て方|植物図鑑

植物名
アベリア
学名

Abelia × grandiflora

英名
Abelia
和名
花衝羽根空木(ハナツクバネウツギ)
科名
スイカズラ科
属名
ツクバネウツギ属
原産地
中国

アベリアの特徴

アベリアは生垣や下草、公園、川沿いの緑道、街路樹などにとてもよく使われている半常緑低木です。(一般的には常緑ですが、寒冷地では落葉する場合があります。)最近では、マンションなどのエントランスの植栽にも、アベリアを使用されているのを見かけます。

アベリアは性質が丈夫で、特別な手入れをしなくても生長する手入れが簡単な植物です。また、花の時期が5月~初冬までと、とても長く咲き続けるのも特徴のひとつです。花は白やピンクですが、花びらが散ったあとにガクがきれいに残るので、その状態も観賞価値があります。

アベリアの詳細情報

園芸分類 常緑
草丈・樹高 0.5~2m
耐寒性 強い
耐暑性 強い
耐陰性 強い
花色 白、ピンク
開花時期 5月~初冬

育て方を見る >>

  • 監修者:LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部アカウントです。編集部のスタッフが監修をしています。
監修している植物一覧を見る

人気の植物ランキング