シキミア(スキミア)の育て方|植物図鑑

植物名
シキミア(スキミア)
学名

Skimmia

英名
Skimmia
科名
ミカン科
属名
ミヤマシキミ属
原産地
日本

シキミア(スキミア)の特徴

スキミア(シキミア)はミカン科の常緑低木です。小さな花が集合して咲いているような咲き方で目立つ花ではありません。生花としてとても人気がありますが、生花として出回るのは花が咲く前の赤やグリーンの粒粒のつぼみの状態の時に流通しています。

シキミア(スキミア)の詳細情報

園芸分類 庭木、常緑
草丈・樹高 50~100cm
耐寒性 強い
耐暑性 強い
花色
開花時期 3月

シキミア(スキミア)の栽培環境

日当たり・置き場所

スキミア(シキミア)は、木漏れ日のような日光を好みます。地植えの場合は、半日陰以下、特に夏の強い日差しが当たらないような場所に植えます。鉢植えの場合は、夏場の置き場所は特に気を付けて、夏になったら日陰気味な場所に鉢を移動させた方が無難です。

用土

スキミア(シキミア)は酸性土壌を好みます。

シキミア(スキミア)の育て方のポイント

日常の管理

水やり、肥料やりとも控えめにして育てることと、強すぎる光に当てないことが日々の管理で大切です。根腐れ、肥料焼けなどを起こすと、葉っぱが黄色くなってくるので、日々の葉っぱの色の変化は注意深くチェックします。

水やり

スキミア(シキミア)は、水が多すぎると根腐れを起こしやすいので、乾かし気味に育てます。地植えの場合は、根付いてからは水やりの必要はありません。鉢植えの場合は、土の表面が乾いてから水やりするようにします。

肥料

スキミア(シキミア)は、少なめの肥料で育つ植物です。緩効性の肥料を春と秋に与えるくらいで十分です。

病害虫

特に病害虫の害はありません。

シキミア(スキミア)の詳しい育て方

植え付け

植え付けの時は、根をいじらず植え付けます。

剪定・切り戻し

スキミア(シキミア)は生長が遅い植物で、特別に剪定をする必要はありません。剪定をするのは、混みあった枝などをする程度で十分です。

植え替え・鉢替え

鉢植えのスキミア(シキミア)は、数年に一回、一回り大きめな鉢に植え替えましょう。

3月に開花します。

夏越し

直射日光に弱いので、鉢植えの場合は鉢を日陰に移動させましょう。

冬越し

寒さには強いので特別な冬越しの必要はありません。

  • 監修者:LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部アカウントです。編集部のスタッフが監修をしています。
監修している植物一覧を見る

人気の植物ランキング