クサギ(臭木)の育て方|植物図鑑

植物名
クサギ(臭木)
学名

Clerodendrum trichotomum

英名
harlequin glorybower,Peanut bush
和名
臭木(くさぎ)
科名
シソ科(クマツヅラ科とされることもある)
属名
クサギ属
原産地
日本、東アジア

クサギ(臭木)の特徴

クサギ(臭木)はクマツヅラ科の落葉小高木です。生長すると3~5m程度になります。日本全国北海道から沖縄までの山野に自生しています。日向でも育ちますが、藪や林などの半日陰を好みます。

葉を摘むと独特の悪臭がする為、クサギ(臭木)と呼ばれるようになったと言います。夏7~8月に白い花を枝の先にまとまって咲かせます。秋に熟す果実は青黒く光沢があり、果実の周りの赤く星形のガクとのコントラストが美しく、宝石のようです。

近縁種でアマクサギがありますが、こちらは葉にほとんど毛がなく葉の悪臭も少ないとされています。

クサギ(臭木)の詳細情報

園芸分類 庭木
草丈・樹高 3~5m
耐寒性 強い
耐暑性 強い
耐陰性 強い
花色
開花時期 7~8月

クサギ(臭木)の育て方カレンダー

時期 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
開花
結実

クサギ(臭木)の栽培環境

日当たり・置き場所

クサギ(臭木)は日向から半日陰で育ちます。上の方の枝葉には日が当たり、株元は日陰になるような場所を好みます。

用土

あまり土壌は選びません。鉢植えのクサギ(臭木)は市販の培養土で問題なく育ちます。

クサギ(臭木)の育て方のポイント

水やり

地植えのクサギ(臭木)は、根付いてからは特に水やりの必要はありません。鉢植えのクサギ(臭木)は表土が乾燥したらたっぷりと水やりをします。

肥料

植え付け時にしっかりと腐葉土を混ぜておけば、特に追肥の必要はありません。花付きが悪くなってきたと感じたら、有機肥料を適宜与えます。

病害虫

特に目立った病害虫の被害はありません。

クサギ(臭木)の詳しい育て方

選び方

枝が徒長していない、しっかりした株を選びましょう。

植え付け

クサギ(臭木)の植え付けは、真夏と真冬を避けた春か秋の暖かい日に行います。

仕立て方

クサギ(臭木)は自然樹形が美しいので特に仕立てる必要はありません。枝が広がって暴れてきたと感じたら適宜剪定します。

剪定・切り戻し

クサギ(臭木)は枝を横に広げるように生長します。暴れるような樹形ではありませんが、生長の早い樹木です。庭の中で大きくなり過ぎたと感じたら、適宜剪定をします。

植え替え・鉢替え

クサギ(臭木)の植え替えは植え付けと同じく、真夏と真冬を避けた春か秋の暖かい日に行います。

クサギ(臭木)は7~8月に、白く花芯が特徴的な花を咲かせます。

収穫

クサギ(臭木)は10月頃、宝石のような美しい実を付けます。切った枝を花瓶に生けて楽しむことも出来ます。

夏越し

クサギ(臭木)にとって夏は生育期です。特に必要な夏越しの作業はありません。天候により乾燥が続くような時は、表土が乾いたらたっぷりと水やりをします。

冬越し

クサギ(臭木)は落葉樹です。冬は落葉して越冬するので、特に必要な冬越しの作業はありません。

  • 監修者:LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部アカウントです。編集部のスタッフが監修をしています。
監修している植物一覧を見る

人気の植物ランキング