ノリウツギの育て方|植物図鑑

植物名
ノリウツギ
学名

Hydrangea paniculata

英名
Panicled hydrangea
和名
糊空木
別名・流通名
ピラミッドアジサイ、サビタ
科名
アジサイ科
属名
アジサイ属
原産地
東アジア

ノリウツギの特徴

ノリウツギはアジサイ科の落葉低木。アジサイの開花は6月ですが、ノリウツギはアジサイの花がそろそろ見ごろの終わる7月に咲くアジサイです。

ノリウツギの原種は、全国の山地で見かけることができます。枝先に円錐状の形の花がつき、白の小さな花が多数ついている形状です。

私たちが花と思う部分は、装飾花の萼片です。ノリウツギの園芸種として流通している「ミナヅキ」、「ライムライト」はほとんどの部分が装飾花で、原種のノリウツギがガクアジサイに似て素朴な雰囲気であるのに対して、園芸種のノリウツギは華やかな印象があります。

ノリウツギの詳細情報

園芸分類 庭木、落葉
草丈・樹高 2~3m
耐寒性 強い
耐暑性 強い
花色 白、グリーン、秋色
開花時期 7月~9月

ノリウツギの栽培環境

日当たり・置き場所

ノリウツギは日当たりのよい場所から半日陰まで栽培可能です。風通しのよい水はけのよい土壌に植えます。
ノリウツギは基本的には地植え向きの植物です。半日陰にノリウツギを植え付ける場合は、午前中に日が当たる場所の方が向いています。午後の西日が強い場所の場合は、株元にマルチングをして暑さの対策をします。

用土

ノリウツギは、さほど土に対して神経質にならなくても大丈夫な花木です。地植えのノリウツギは、植え付け時に堆肥や腐葉土を混ぜ込みながら植え付けましょう。地植え向きですが、鉢植えでノリウツギを育てる場合は草花用の培養土で問題なく育ちます。

ノリウツギの育て方のポイント

水やり

根付いてからの水やりは特に必要ありません。鉢植えのノリウツギは、渇いたらたっぷりとを目安に行います。アジサイの仲間は、水を欲しがる植物です。特に夏場は水切れを起こさないように注意しましょう。

肥料

1~2月と花の後に油粕か緩効性肥料を施します。

病害虫

特に病虫害の害はありません。

ノリウツギの詳しい育て方

選び方

開花した鉢もののノリウツギは、6月~7月ごろに流通しています。虫に食われていない生き生きとした葉の鉢を選びましょう。

植え付け

ノリウツギの植え付けは、落葉中の11月から3月に行います。

ノリウツギの地面への植え付けの適時は落葉期ですが、購入した時の鉢の状態が、花丈に対してあまりにも小さい鉢の場合は、鉢の中で根が回っていて土がほとんどない可能性があります。最近の夏は酷暑とも表現されるような最高気温の日も多いので、鉢の中にほとんど土がない場合は朝に水をあげても夕方までもたないことがあります。ノリウツギは何度も水切れを起こすと株が弱ってしまいます。それを避けるために正式な植え付け前に仮の処置が場合によっては必要なこともあります。

購入時に鉢底を見て根が回っていそうな場合は、一回り大きな鉢に鉢替えをして土を追加したほうが夏をうまく越すことができます。夏場なので株にストレスをかけないように、根をいじらずそっと作業をすることがポイントです。

正式な地面への植え付けは落葉期に花の剪定とともに行います。根が回っていない鉢ならそのまま水切れだけ注意して落葉期まで管理しましょう。ノリウツギは購入した年の夏をうまく越せれば、基本的には丈夫な花木です。

剪定・切り戻し

ノリウツギは新枝咲きのアジサイです。

花芽が形成されるのが4月以降なので、7月の開花後、ゆっくりと花が秋色になるのを楽しんでから剪定することが可能です。時期としては3月までに剪定を済ませましょう。ノリウツギは新枝咲きのため、どこで切っても自由なので強剪定、弱剪定など、切る位置を自由に決めることができるアジサイです。

ノリウツギの強剪定
強剪定の場合は、地際2~3節でばっさりと切り詰めます。春に伸びる枝の数が限定されるので花数は少し減りますが、枝に勢いが出て花が大きくなります。

ノリウツギの弱剪定
弱剪定の場合は花の後に花だけ切って、さらに秋以降~冬にかけて充実した芽の上で軽く剪定します。弱剪定の魅力は古い枝を残すので、そこから新しい枝がたくさん出ます。その分、花数は多くなりますが、枝が多いのでエネルギーが分散されて花のサイズは小さめになります。

ノリウツギの花は、アジサイの花が見ごろを終える7月ごろから開花します。園芸種のミナヅキやライムライトは、開き始めの色から秋にかけて美しい秋色に変化します。ただし秋色になるのは、朝晩が冷え込む寒冷地の方が美しく秋色になる傾向にあります。秋色になったミナヅキ、ライムライトは、ドライフラワーとして楽しむこともできます。

収穫

ノリウツギを生けるために収穫するのなら秋色になってからの方が水が下がりにくいでしょう。秋色ミナヅキは、晩夏から秋にかけて、切り花としても流通しています。

夏越し

ノリウツギは水を欲しがる花木なので、夏場の水切れには注意しましょう。

冬越し

ノリウツギは耐寒性が強いので特別な対策は必要ありませんが、雪が積もる地域では、雪が降りだす前に地際で剪定し、雪で枝が折れるのを防止します。

増やし方(株分け、挿し木、葉挿しなど)

ノリウツギは挿し木と取り木で増やすことができます。

  • 監修者:LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部アカウントです。編集部のスタッフが監修をしています。
監修している植物一覧を見る

人気の植物ランキング