デイゴの育て方|植物図鑑

植物名
デイゴ
学名

Eryshrina 

 

 

 

 

英名
Eryshrina
科名
マメ科
属名
デイゴ属
原産地
インド マレー半島 南米

デイゴの特徴

デイゴはマメ科デイゴ属耐寒性落葉広葉高木です。寒さに弱く茎と葉の中央葉脈に棘があり、葉は互生したまご型をしています。落葉樹の為、葉は5月頃から新芽を出し始め、11月頃に落葉します。花は5㎝ほどで6~7月上旬、8月に新しい枝が育ち9月~10月に2番花が開花します。

デイゴは沖縄県の県花に指定されています。沖縄では街路樹や公園に植栽されています。幹は乾燥させて漆器の材料として使用されています。毎年、デイゴの花が咲く季節になると花の咲き具合でその年の台風の当たり年になるかどうか?を予測し、デイゴの花が沢山咲いた年は台風も沢山来ると言われる言い伝えあります。

デイゴの詳細情報

園芸分類 庭木
草丈・樹高 50㎝~15m
耐寒性 弱い
耐暑性 強い
耐陰性 弱い
花色 赤 朱色 オレンジ
開花時期 6~10月

デイゴの種類

DSC_1041

アメリカンデイゴ

学名Eryshrina crista galli

英名Cocksupur coral Tree

和名 海紅豆(かいこうず)

原産国 南米

耐寒性落葉広葉高木

アメリカデイゴは江戸時代末に日本へ持ち込まれた植物です。

寒さに比較的強く冬は日本では本州の南側の地域から沖縄にかけて日当たりの良い場所で育ちます。

花は6~7月上旬、8~10月にかけて開花します。

メキシコでは花を食す食文化があるそうです。

 

育て方を見る >>

  • 監修者:LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部アカウントです。編集部のスタッフが監修をしています。
監修している植物一覧を見る

人気の植物ランキング