ホーリーバジル(トゥルシー)の育て方・栽培|植物図鑑

植物名
ホーリーバジル(トゥルシー)
学名

Ocimum tenuiflorum、Ocimum sanctum

英名
Holy basil、Tulsi
別名・流通名
トゥルシー、ガパオ
科名
シソ科
属名
メボウキ属
原産地
インド、ネパール、オーストラリア

ホーリーバジル(トゥルシー)の特徴

ホーリーバジルはインドの伝統医術・アーユルヴェーダで用いる薬草として知られています。和名も「カミメボウキ(神目箒)」とおごそかです。 発芽率が高く、約60cmと大きく生長しお茶から炒め物まで幅広く用いることのできる使い勝手のよいハーブです。ホーリーバジルは強い香りとスパイシーな風味はありますが、クセがないためアジア料理だけでなく普通のバジルの代用品にもなります。日本でも最近人気のタイ料理、ガパオライスのガパオはホーリーバジルのことです。

ホーリーバジルは「万能ハーブ」「神聖なハーブ」「不老不死の霊薬」とも呼ばれ、古くから優れた薬効を認められています。ホーリーバジルは多年草ですが、露地での越冬が難しい地域が多い日本では一年草として扱われることが多いようです。

ホーリーバジル(トゥルシー)の詳細情報

園芸分類 ハーブ
草丈・樹高 ~60cm程度
耐寒性 弱い
耐暑性 やや強い
花色 白、紫
開花時期 6月~8月

育て方を見る >>

  • 監修者:LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部アカウントです。編集部のスタッフが監修をしています。
監修している植物一覧を見る

人気の植物ランキング