ハス(蓮)の育て方|植物図鑑

植物名
ハス(蓮)
学名

Nelumbo nucifera

英名
Lotus
和名
科名
ハス科
属名
ハス属
原産地
インド

ハス(蓮)の特徴

ハスはインド原産とされていますが、観賞用にも食用にもなるため世界中で育成されています。

葉は円形または楕円形で薄く、長い葉柄をもち水面上1.5mにもなります。光沢は無く水を弾くのも蓮の葉の特徴です。花色は桃色、白、黄色などがあります。

根茎は日本人にも馴染みの深いレンコンですが、他国では葉から茎まで食用とされます。雄しべを緑茶と合わせた蓮茶も有名です。仏教では、泥の中から出てきて美しい花を咲かせるところから汚れのない花とされています。

チャワンバスと呼ばれる小型種は鉢栽培で楽しまれています。

日本で有名なハスの一つに大賀ハスがあります。大賀ハスは2000年以上前に土の中に落ちた種を大賀一郎博士が発芽させたものです。このように長い間発芽しなかった理由はハスのタネの外皮が非常に厚く、自然に発芽することがあまりないからと言われています。

ハス(蓮)の詳細情報

園芸分類 水生植物
草丈・樹高 1~2m(水上)、水深40cm
耐寒性 強い
耐暑性 強い
花色 白、黄、ピンク
開花時期 7月~8月頃

 食器のれんげの語源になったハス

中華料理でスープをすくうときに使うレンゲは漢字で書くと蓮華となり蓮の花から散った一枚の花びらに見立てられています。また別名を散り蓮華ともいいます。中華圏では用途に応じたさまざまな形状や大きさがあります。

 

仏様が座る蓮華座もハスの花

ハスは仏教では清浄な花とされています。仏教画で仏様が座っているのは蓮華座と言って蓮の花を台座に見立てたものです。

育て方を見る >>

  • 監修者:LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部アカウントです。編集部のスタッフが監修をしています。
監修している植物一覧を見る

人気の植物ランキング