洋らん(洋蘭・洋ラン)の育て方|植物図鑑

植物名
洋らん(洋蘭・洋ラン)
学名

Orchidaceae Cattleya

英名
Orchid
和名
洋蘭
科名
ラン科
属名
カトレア属
原産地
アジア、オセアニア、アフリカなどの熱帯域

洋らん(洋蘭・洋ラン)の特徴

贈答品として知られる胡蝶蘭の他、デンファレ、シンビジウム、デンドロビウムなど様々な品種の揃う洋らん。原種だけでも世界中に2万種以上も存在し、イギリス王立園芸協会(RHS)に登録されている改良品種に至っては10万種に達します。世界中の植物の約1割がらんの仲間なのです。現在でも野生の新しいらんが見つかることがあり、2016年6月にはフィリピンのミンダナオ島で新種が確認されました。 花の形や色は多岐に及び、冬咲き、春咲き、初夏咲きなど開花期も様々。「らん展」は2月を中心に様々な時期に開催されるので、それぞれの時期に合わせた品種を手に入れることができます。

洋らん(洋蘭・洋ラン)の詳細情報

園芸分類 ラン
耐寒性 品種による
耐暑性 品種による
花色 白、ピンク、黄、オレンジ、紫など

洋らん(洋蘭・洋ラン)の育て方カレンダー

時期 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
植え付け
植え替え
肥料

洋らん(洋蘭・洋ラン)の栽培環境

日当たり・置き場所

日当たりを好みます。

用土

水苔を使うのが一般的です。水苔は非常に保水力が高いので、水やりのペースを間違えると根腐れを招いてしまいます。水はけを考慮した「洋らんの培養土」を使うのもよいでしょう。

洋らん(洋蘭・洋ラン)の育て方のポイント

水やり

熱帯産の植物ですが多湿には弱いので、土が乾いてから与えるようにします。冬場は根腐れを起こしやすいので、水やりを控え目にしましょう。

肥料

2週に1回ほど液肥を与えます。冬は肥料を必要としません。カトレアは春の成長期のみ置肥します。

病害虫

ハダニナメクジなどの食害を受けやすいので、室内栽培の方が管理しやすいでしょう。デンドロビウムは屋外で一度寒さにあてないと花芽をつけません。

洋らん(洋蘭・洋ラン)の詳しい育て方

選び方

葉が少なくても根張りがよく、しっかりした株を選びます。初心者は低温に強い品種から育て始めるとよいでしょう。

種まき

種からの栽培は無菌状態にするなど特別な技術が必要となるので、苗で購入するのが確実です。安価なものは1000円程度から手に入ります。

植え付け

傷んで黒くなった水苔を取り除き、根を新しい水苔で包んで鉢に押し込みます。植え替えは2年に1度のペースで春に行います。

剪定・切り戻し

花が落ちた後、花茎ごと切り取ってしまいます。葉の落ちた古い茎(バックバルブ)は栄養を蓄えており、そこから花が咲く可能性もあるのでそのままにします。

  • 監修者:LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部アカウントです。編集部のスタッフが監修をしています。
監修している植物一覧を見る

人気の植物ランキング