菊芋(キクイモ・きくいも)の育て方・栽培|植物図鑑

植物名
菊芋(キクイモ・きくいも)
学名

Helianthus tuberosus

英名
Jerusalem artichoke
和名
キクイモ
別名・流通名
ブタイモ、カライモ
科名
キク科
属名
ヒマワリ属
原産地
北アメリカ北東部

菊芋(キクイモ・きくいも)の特徴

菊芋(キクイモ)は、キク科ヒマワリ属の宿根草です。生長すると、草丈は1~3mにもなる繁殖力の強い植物です。土壌をあまり選ばない、育てやすい植物ですが、同じ場所で連作すると収穫量が落ちるようです。

菊芋(キクイモ)は、菊に似た黄色い花を咲かせます。この花の特徴である「菊に似た花を咲かせる芋」として名前の由来にもなっています。

秋に花を咲かせた後、生姜の形に似たイモ「塊茎(かいけい)」を作ります。

※塊茎(かいけい)とは、地下茎の一部が澱粉(でんぷん)などを貯蔵している部分。塊茎の代表として有名なのはジャガイモです。

菊芋(キクイモ)の繁殖力の凄さは、河川敷や農耕地で雑草化して問題となり、外来生物法で「要注意外来生物」にも指定されています。

菊芋(キクイモ・きくいも)の詳細情報

園芸分類 野菜
草丈・樹高 1~3m
耐寒性 強い
耐暑性 やや弱い
耐陰性 弱い
花色 黄色
開花時期 8~11月

アメリカ大陸北東部原産の菊芋(キクイモ)は、北米インディアンによって昔から食料として食べられてきました。

菊芋(キクイモ)は1600年代にヨーロッパ各地へ伝えられた後、日本に伝わりました。幕末から明治の初め頃、主に飼料用作物として広められたため、菊芋(キクイモ)の別名として「ブタイモ」と呼ばれることがあります。

食糧として菊芋(キクイモ)が注目を浴び始めたのは、第二次世界大戦以降のことです。食糧難の時代に、菊芋(キクイモ)の繁殖力の強さから、国民の飢えをしのぐ貴重な食料となりました。

現在、欧米はもとより、日本でも菊芋(キクイモ)の成分で天然のインシュリンといわれる「イヌリン」が注目されています。

育て方を見る >>

  • 監修者:LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部アカウントです。編集部のスタッフが監修をしています。
監修している植物一覧を見る

人気の植物ランキング