100円ショップのハンダゴテを使ってガーデニンググッズを作ろう!

sana

sana

56233views
公開日 :
このエントリーをはてなブックマークに追加

 

素敵なお店のラベルってセンスが溢れていてとても素敵ですね。
Beautiful flowers sold on outdoor flower shop

 

こういうひと手間が素敵な空間を作るんですね。

今年は、ご家庭のお庭やベランダのガーデニングのラベルにもこだわってみませんか?

いつものお庭がそれだけでもワンランクアップしそうです。
Young rockets in the garden with the label

 

ラベルの作り方はいろいろありますが、今回ご紹介するのはハンダゴテを使ったお手軽DIYです。

この方法はウッドバーニングといって、電熱ペンを使って木やコルクシートなどを焦がしながら字や絵、模様を描く技法です。お家でも取り入れやすいように100円ショップでも購入できるハンダゴテを使って気軽に始めてみましょう!

まずは基本の使い方をご紹介します。

材料は簡単!全ての材料を100円ショップで揃える事が出来ます。

・木材・コルク
・ハンダゴテ
・軍手(火傷防止)
・鉛筆(下書き用)

お好みの木材やコルクを用意して下さい。ハンダゴテのお値段は500円ですが、気軽に100円ショップで購入する事が出来ます。
2

30Wのもので充分作業出来ます。もちろんホームセンターなどにある温度調節が出来るものもありますが、このくらいでも充分作業出来ます。お好みのハンダゴテをお使い下さい。
専用の置き台も売ってますので、安全に配慮するならご用意下さい。

作り方

下書きを描きます。
3

熱くなったハンダゴテを使って下書きの上をなぞります。
4

この時ハンダゴテを当てる速度や時間で線の太さが変わります。
5

完成です!
1

 

こんな風にエアプランツなど飾ってはいかがでしょうか?
6

 

他にもイラストをハンダゴテで焼いても楽しいですね。
7

 

100円ショップで材料を揃える事が出来るので、気軽に始められるのが嬉しいですね。

ただ、木材やコルクを焼きながら絵や文字を描くので、火傷や火災には充分気を付けましょう。小さなお子様がいるご家庭はなおのことですね。

さて、ハンダゴテの扱いにも慣れたところで、さっそくガーデニンググッズを作ってみましょう!

 

続きを読む

Pages: 1 2

「100円ショップのハンダゴテを使ってガーデニンググッズを作ろう!」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

sana
sana

農業研究センターで大豆と稲の研究作物栽培を経験後、屋上菜園・屋上庭園のグリーンクリエーター、エディブルフラワー店勤務を経験。自宅でエディブルガーデンを実践中。LOVEGREEN編集部で記事も執筆中です。

オススメ特集