冬に咲く!アイスチューリップって?

金子三保子

金子三保子

このライターの記事一覧

公開日 :

アイスチューリップをご存知でしょうか?春に開花するチューリップに対して12月~1月頃に見頃を迎えるアイスチューリップをご紹介します。

目次

アイスチューリップとは?

アイスチューリップ

アイスチューリップとは特別な品種ではなく、普通のチューリップの球根を冷蔵施設で管理し、一定期間その中で低温で管理した後、自然の環境下に戻すという処理をされたチューリップのことです。

とても寒い冬のような環境から自然の環境に戻されたチューリップが「春が来た」と勘違いすることによって、通常の開花時期の春より早い冬のうちに開花をするというわけです。

目次に戻る≫

アイスチューリップの特徴

アイスチューリップ

仮想の春を体験させて冬に花を咲かせるアイスチューリップ。球根自体は春に咲くチューリップと違いがあるわけではありません。

ただし、アイスチューリップの特徴として、気温が低い時期に咲くので冷蔵庫の中のような気温で咲いているため、開花したひとつひとつの花が長持ちするという特徴があります。(咲き始めて1ヶ月くらいが一般的)

 

チューリップ

これは切り花にも言えることで、太陽や気温に敏感に反応するチューリップは、気温が暖かくなってからだと花持ちが悪くなりますが、冬の間の切り花のチューリップは暖房がきいていない部屋なら数週間楽しめます。そんなことから春に咲く球根花の切り花(チューリップ、アネモネ、ラナンキュラス……)の流通は年末~3月くらいがピークとなっています。

目次に戻る≫

アイスチューリップが見られる場所

アイスチューリップ

アイスチューリップは、関東近県では千葉のふなばしアンデルセン公園や茨城のひたち海浜公園、東京の上野公園などに植栽され、例年12月~1月頃が見ごろです。ただし、開花調節しているとは言え、その年の冬の気温によって12月が見ごろの年と1月が見ごろの年があります。

*チューリップの球根は毎年植え付けるものです。事前に施設の開花情報を確認してから行くことをおすすめします。

目次に戻る≫

この他にも全国各地、アイスチューリップを植栽しているガーデンや公園が年々増えています。各施設のホームーページには、植栽されている花の開花情報が載っていることが多いので確認してみてください。

 

▼2月にお届け!水栽培用球根

 

▼編集部のおすすめ

 

LOVEGREEN(ラブグリーン)メールマガジン会員募集中!

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「冬に咲く!アイスチューリップって?」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

金子三保子
金子三保子

フラワーコーディネーター、フォトグラファー。1997年よりフラワースクールにてスタッフを経験後、2001年に花屋・レコルトを設立。 花のギフトや装花・コーディネート、自身でスタイリングした花の撮影など、幅広く活動中。受け手が心地よい気分になれるような、ナチュラルでさりげない花や写真を提案している。 好きな植物は、草花、ハーブ、原種のクレマチスなど。ビオラは交配して自分の好みの色あいを作ったりもしている。色合わせがとにかく好き。

このライターの記事一覧

おすすめ商品

【ハーブの寄せ植え】ハーブティーセット(ペパーミント・コモンマロウ・ボリジ・ワイルドストロベリー・カモミール)

販売価格:3,850円(税込)

【事前予約・2月上旬発送】水栽培 球根 ムスカリ 室内冬咲き ブルーマジック (6球入り)

販売価格:550円(税込)

【事前予約・2月上旬発送】水栽培 球根 ムスカリ 室内冬咲き マウンテンレディ (6球入り)

販売価格:550円(税込)

LOVEGREEN 公式アカウントをフォロー!

  • Instagram
  • Facebook
  • LINE
  • Twitter

SPECIAL

おすすめ

LOVEGREEN(ラブグリーン)メールマガジン会員募集中!

植物の悩みならLOVEGREEN(ラブグリーン)のQ&A