観葉植物オリヅルランの子株からの増やし方や管理ポイント

LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN編集部

このライターの記事一覧

公開日 :

商業施設などでも見かけることが多いオリヅルランオリヅルランは、とても丈夫です。ランナーについた子株での増やし方や管理ポイントをご紹介します。

目次

オリヅルランの簡単な増やし方

14114650_934589669982732_400928823_o

オリヅルランは、この子株から根を張って増えて成長していきます。この子株を出している白い茎のようなものがランナーです。


14164084_934589646649401_496950824_o

まずは、ランナーを根元の方からカットしてください。


14163602_934589643316068_1180622616_o

こんな感じに思い切ってカットして大丈夫です!


14164026_934589639982735_1272455540_o

子株をそれぞれカットします。


14164056_934589626649403_47949660_o

根が張るまで水挿しにして成長を楽しみ、根が張ってきたら土に植え付けましょう。

子株からはもう根が出ている!?

14152190_934589629982736_1536470472_o

増やすまでの段取りは簡単ですよね!実は水挿ししなくても直接土に植えてもいいです。子株にはだいたいもう根が生えているんです。水挿しは室内で涼しげに観葉植物を楽しむのにもおすすめです。丈夫なオリヅルランだからこそ楽しめます。


14124187_934589623316070_1794484877_o

このくらいワサワサ根が生えていた場合は、カットして土に植え付けてしまってもいいですね。

オリヅルランについて

14114650_934589669982732_400928823_o

オリヅルランは、南アフリカやインドを中心とした熱帯に自生する多年草です。オリヅルランは、ランナーと呼ばれる細長い茎の先に子株をつけて生長します。そのランナーはこの肌色のツルのようなところをさしています。


14123318_934589673316065_1866034683_o

子株の形が折り鶴に似ていることが、名前の由来だそうです。英名はスパイダープラント(Spider plant)といい、草の姿がクモに似ていることが由来の一つのようです。

春から夏にかけてランナーの節から、白くかわいい花を咲かせます。

オリヅルランの管理ポイント

オリヅルランはとても丈夫な植物ですので、観葉植物を一度枯らしてしまった人にもおすすめしたい観葉植物です。

水やりは土の表面が乾いたらたっぷりと与えましょう。

日当たりがいいと花も咲きやすいですが、夏場の直射日光は避けましょう。

風通りのいい場所や冬に約0℃以下にならない地域は外で育てることもできます。

オリヅルランのその他

花言葉

『守り抜く愛,集う幸福,祝賀,子孫繁栄』

小さな鶴のような子株を愛や子供と表現し、その子株がたくさん集まることから縁起が良いとされているようです。育てやすいので、おめでたい時に送りたくなる花言葉ですね!

 

庭リノベの無料相談、お見積はMIDOLAS

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「観葉植物オリヅルランの子株からの増やし方や管理ポイント」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN(ラブグリーン)の編集部アカウントです。育て方の記事や、編集部としての取材記事やオフィシャル情報などを配信。

このライターの記事一覧

おすすめ商品

蓄圧式オートスプレー(霧吹き)1.5L VOIRY

販売価格:3,080円(税込)

【再入荷】しそ栽培セット 薬味小鉢

販売価格:935円(税込)

【父の日おすすめ】苔テラリウム牧場の風景 WECK 牛 Feel The Garden

販売価格:2,901円(税込)

SPECIAL

おすすめ